飢餓陣営せれくしょん<br> 「認知症七〇〇万人時代」の現場を歩く―「人生の閉じ方」入門

個数:

飢餓陣営せれくしょん
「認知症七〇〇万人時代」の現場を歩く―「人生の閉じ方」入門

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2017年10月18日 12時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/高さ 21cm
  • 商品コード 9784865650761
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C0336

内容説明

認知症になっても地域で暮らしたい!住民と連携して成果をあげているチームがある。システムづくり、病院・施設依存からの脱出法、人材の育成などをつぶさに取材し、どんな地域にも応用できる方法論を提示。生きた現場を見つめ、人生とその「閉じ方」を問う。

目次

第1章 「認知症七〇〇万人時代」に備える地域包括ケアシステムをルポする(滋賀県近江市の永源寺地区 花戸貴司医師を訪ねて 看取り文化をつくった「地域丸ごとケア」―高齢者たちの安心感はどこからくるのか;代表・小串輝男医師に聞きながら 斯界注目の「三方よし研究会」―地域での医療連携はすでに実践されている;埼玉県幸手市東埼玉総合病院 中野智紀医師の取り組みから 「幸手方式」の仕掛け―住民が主体となってはりめぐらす重層的なセーフティネット;高橋紘士(高齢者住宅財団理事長)を訪ねて なぜ地域包括ケアか―施設依存、病院依存から脱する策を実例から探る)
第2章 「認知症七〇〇万人時代」を支える「ひと」を育てる(在宅ケア移行研究所・宇都宮宏子看護師に聞く 病院と在宅をつなぐ看護師の役割―「退院後」の生活をどうやって再構築するか;板橋区医師会在宅医療センター・井上多鶴子看護師を訪ねて 「療養相談室」を立ち上げて医療と介護をむすぶ―「在宅療養」を支援する具体的内容;地域住民が医療(富山大学と南礪総合病院)を動かす 地域が育てる“総合診療医”―「医療崩壊」地域からの再生を経て
地方移住問題と「地域包括ケアシステム」に触れて 国が奨励する「地方への移住」のあやうさ―「認知症患者」はどこに行けばいいのか)
第3章 認知症高齢者を「被害」から守る―大牟田市の取り組みから(ソーシャルワーカー(大牟田市白川病院)猿渡進平氏に聞く 無断外出を見守る「模擬訓練」と生活支援―こうすれば認知症の人でも地域で暮らせる!
大牟田市保健福祉部池田武俊氏に聞きながら 「認知症ケア」はどう始められていったか―「ケア」をキーワードに市行政も動く
大牟田市白川病院・柿山泰彦氏と中央地区地域包括センター・竹下一樹氏に聞く 認知症ケアと地域づくり―地域に根づき、住民に信頼されるまでのプロセス)
第4章 人生の「閉じ方」と地域包括ケアシステム(ビハーラ医療団・田代俊孝(同朋大学教授)を訪ねて 病と死の「苦」はのりこえられるか―医療とむすびつき仏教本来の力を発揮する
ケアタウン小平クリニック・山崎章郎医師と相河明規医師に聞く がん‐非がん 二つの終末期とホスピス緩和ケア―ホスピスのチームが地域に出向いていく)
第5章 「認知症七〇〇万人時代」の「老い」のゆくえ(「介護殺人」と新幹線焼身自殺事件を手がかりとして 老人クライシスは経済問題か?―「認知症七〇〇万人時代」だからこそ「生老病死」をあらためて考えてみる)

著者紹介

佐藤幹夫[サトウミキオ]
1953年秋田県生まれ。1972年國學院大学文学部に入学。1980年より千葉県の特別支援学校に勤務し、2001年よりフリージャーナリスト・フリー編集者として活動。87年より個人編集の『飢餓陣営』を発行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

認知症になっても地域で暮らすことはできるのか?住民と地域が連携するシステムの構築などノウハウ満載!人生とその「閉じ方」を問う認知症になっても地域で暮らすことはできるのか?……この困難な課題に取り組み、成果をあげている地域のチームがある。どうすればそれは可能なのか?

住民と地域が連携するシステムの構築と運用、病院・施設依存からの脱出法、地域の高齢者との信頼のつくり方、人材育成などをつぶさに取材。他地域に応用できるノウハウが満載。

制度論議にとどまらない、生きた現場を見つめ、人生とその「閉じ方」を問う。

言視舎×飢餓陣営コラボレーション

第1章▼「認知症七〇〇万人時代」に備える地域包括ケアシステムをルポする ▼看取り文化をつくった「地域まるごとケア」▼斯界注目の「三方よし研究会」▼地域づくりを支える「幸手方式」 

第2章▼「認知症七〇〇万人時代」を支える「ひと」を育てる▼病院と在宅をつなぐ看護師の役割 

第3章▼認知症患者を「被害」から守る ▼大牟田市――徘徊を見守る生活の支援 

第4章▼人生の「閉じ方」と地域包括ケアシステム 

第5章▼「認知症七〇〇万人時代」の「老い」のゆくえ

飢餓陣営・佐藤幹夫[キガジンエイ サトウミキオ]
飢餓陣営
佐藤幹夫主宰の批評誌。現代思想、精神医学、文学等の領域で独自の活動を展開中。