蒲田の逆襲―多国籍・多文化を地でいくカオスなまちの魅力

個数:

蒲田の逆襲―多国籍・多文化を地でいくカオスなまちの魅力

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 241p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865650662
  • NDC分類 291.36
  • Cコード C0336

出版社内容情報

東京でも比類のない多国籍で多文化なまち蒲田。2020年に向けて、日本が本気で多様性を受けいれるつもりなら、蒲田を見習うべし。★都会でもない、田舎でもない「蒲田的」なる文化があります。時代が強いる過酷な環境の変化に果敢に挑戦してきたこのまちは、多様性に満ち、東京でも比類のない多国籍で多文化なまちなのです。でも、誤解が多い。ひどいレッテルも貼られています。それをひっくり返します。

★「汚い」「危ない」「騒がしい」なんて、もう言わせません!

★2020年に向けて、日本が本気で多様性を受けいれるつもりなら、蒲田を見習うべし。

第1章「蒲田」ってどこのこと? 

第2章 江戸時代から挑戦つづきの「蒲田」~戦前編 

第3章 焼け野原からの復興力で逆襲?戦後編 

第4章 ものづくりの力で逆襲?バブル崩壊後編 

第5章 新種・異質大歓迎の土壌で逆襲 

第6章 日本有数の飲食店舗数て?逆襲 

第7章 旧大森区・新領域の魅力で逆襲 

第8章 都会的でもない、田舎的でもない、蒲田的

田中 攝[タナカ セツ]
1981年、東京都大田区生まれ。
大学院修了後、会社勤めをしながら、ラジオドラマを中心に時代物、ファンタジー、ヒューマンドラマなど幅広く脚本を執筆。2009年NHK名古屋ラジオドラマ脚本賞佳作受賞、2013年NHK中四国ラジオドラマコンクール佳作受賞。NHK-FMシアターや青春アドベンチャーにて脚色、オリジナル脚本を執筆=新作「あなたに似た自画像・誠実な浮気」10.25OA決定。KBC「ミヤリサン製薬Presents北方謙三水滸伝」脚色。その他、舞台の脚本、書籍、雑誌記事の執筆も行なう。

内容説明

読むと住みたくなる!時代が強いる過酷な環境の変化を受け入れてきた蒲田は、多国籍で多文化の先頭を走り、おまけに住みやすい。本気で「多様性」をいうのなら蒲田に学ぶべし!

目次

第1章 「蒲田」ってどこのこと?
第2章 江戸時代から挑戦つづきの「蒲田」―戦前編
第3章 焼け野原からの復興力で逆襲―戦後編
第4章 ものづくりの力で逆襲―バブル崩壊後編
第5章 新種・異質大歓迎の土壌で逆襲
第6章 日本有数の飲食店舗数で逆襲
第7章 蒲田周辺の名所の多さで逆襲―旧大森区・新領域の魅力
第8章 都会的でもない、田舎的でもない、蒲田的

著者等紹介

田中攝[タナカセツ]
1981年、東京都大田区生まれ。大学院修了後、会社勤めをしながら、ラジオドラマを中心に時代物、ファンタジー、ヒューマンドラマなど幅広く脚本を執筆。2009年NHK名古屋ラジオドラマ脚本賞佳作受賞、2013年NHK中四国ラジオドラマコンクール佳作受賞。舞台の脚本、書籍、雑誌記事の執筆も行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

幹事検定1級

26
東京大田区の蒲田を様々な角度から描いた本。実に分かりやすくまとまっています。下町という情緒はないが場末の雰囲気があり、町工場があり、羽田空港が近くにある。そしてたくさんの外国人も住み、色んな食文化がある。有名な大衆居酒屋の本店もあるし、トンカツや餃子の名店がある。とても住みやすい町なのでしょう。(図書館本)2017/01/22

きたさん

8
蒲田という地域は東急側と京急側で意識も感覚もなにもかもが違うのだな、と住民として実感させられる本。筆者はとにかく蒲田という地域を穏やかで治安のよい東急沿線としてとらえたいのだろう(実際一部はそうではあるのだけれど)という感情がひしひしと伝わってくる。その結果現状で触れられる箇所が少なくなってしまったためか歴史的な記述が多くなってしまい、読み物としてあまり楽しめた感がなかった。もう少し、客観的に蒲田という地域を見られる人が書いた同テーマの本を読んでみたい。2016/12/27

なっきぅ

6
蒲田の歴史を振り返りながら、昨今の蒲田事情を紹介してくれる本。これを読むと蒲田を愛しく思えます。古くは平安時代の文献に蒲田の記載があり、江戸時代に六郷用水が開発され本格的に始動した蒲田。その後、「城南大空襲」により焼野原にされながらも見事復活した蒲田。職人の町工場、下町風情、蒲田撮影所、国際化、いろいろな要素が絡み合って、東京オリンピックに向けてまた蒲田がアツくなりそうなそんな予感がします。旧蒲田区を主な焦点にしているので、今度は旧大森区について自分で調べたい。蒲田、いいよ!!2017/07/26

5
蒲田の歴史や蒲田のお店など、様々な側面から蒲田を語った本。2017/08/10

スプリント

5
意外な蒲田の一面を知ることができましたが概ねイメージどおりでしたね。食べに行くにも飲みに行くにもコスパに優れた良い街です。2016/12/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11182289

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。