飢餓陣営せれくしょん<br> 沖縄からはじめる「新・戦後入門」―「新時代」はここからはじまる!

個数:

飢餓陣営せれくしょん
沖縄からはじめる「新・戦後入門」―「新時代」はここからはじまる!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年07月28日 01時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 230p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784865650570
  • NDC分類 312.199
  • Cコード C0336

内容説明

沖縄から「戦後史」を照射する―「沖縄では憲法が機能していないのではないか?」「日本はどこまで主権国家なのか?」この歪んだ事態に向き合うために沖縄現地の声を聴き「新時代」を導く思想と論理を提示する。

目次

なぜ沖縄か、なぜ「二つの戦後史」か
1 沖縄から学ぶ戦後史(新川明 照射される国民統合の虚妄;仲宗根勇氏に聞く 沖縄から日本(ヤマト)の戦後を問う
山城紀子さんに聞く 沖縄と女性たちの戦後史―「戦争と性」を中心に)
2 加藤典洋の「戦後論」を読む(加藤典洋氏に聞く 「戦後」の出口なし情況からどう脱却するか―『戦後入門』までと「戦後」以降へ;座談会 『敗戦後論』をめぐって)
3 沖縄・日本・アメリカ(村瀬学 「存在倫理」から「存在給付」へ―「戦後七〇年」のその先へ;北明哲+佐藤幹夫 新時代の「沖縄」を語るための作法―少し長い「あとがき」)
附録 沖縄からはじめる「戦後史」年表

著者紹介

佐藤幹夫[サトウミキオ]
1953年秋田県生まれ。1972年國學院大学文学部に入学。1980年より千葉県の特別支援学校に勤務し、2001年よりフリージャーナリスト・フリー編集者として活動。87年より個人編集の『飢餓陣営』を発行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「新時代」はここからはじまる!いまこそ問う!歪んだ事態に向き合うために沖縄現地の声を聴き「新時代」を導く思想と論理を提示する「新時代」はここからはじまる!

いまこそ問う!

沖縄から照射して日本の戦後史をみれば、その異常ともいうべき姿が浮上する。

「沖縄では憲法が機能していないのではないか?」「日本はどこまで主権国家なのか?」

この歪んだ事態に向き合うために沖縄現地の声を聴き、「新時代」を導く思想と論理を提示する。

? 沖縄現地取材による論考・インタビュー

新川明▼照射される国民統合の虚妄 

仲宗根勇▼沖縄から日本(ヤマト)の戦後を問う

山城紀子▼沖縄と女性たちの戦後史 ほか

? 加藤典洋 ロングインタビュー

▼「戦後」の出口なし状況からどう脱却するか……

『戦後入門』をてがかりに

▼座談会『敗戦後論』をめぐって

加藤典洋/竹田青嗣/小浜逸郎/大澤真幸/瀬尾育生/橋爪大三郎ほか

? 沖縄・日本・アメリカ

村瀬学▼「存在倫理」から「存在給付」へ ほか

★付録 沖縄からはじめる「戦後史」年表

飢餓陣営[キガジンエイ]
佐藤幹夫主宰の個人批評誌。現代思想、精神医学、福祉、文学等の領域で独自の展開。
「せれくしょん1?4」「叢書1?8」