本に遇う<br> 持つべき友はみな、本の中で出会った―本に遇う〈3〉

個数:

本に遇う
持つべき友はみな、本の中で出会った―本に遇う〈3〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年04月16日 22時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 265,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784865650532
  • NDC分類 019.04
  • Cコード C0095

出版社内容情報

本との出会いで人生は決定づけられる。会員誌『選択』に書き継がれてきた本をめぐるエッセイ。生き方がみえてくる痛快無比の読書案内本と出会うことは事件である。本との出会いで、人生は決定づけられる。

会員誌『選択』に十年以上にわたって書き継がれてきた本をめぐるエッセイ。時代小説、ミステリー、伝記はもちろん詩集、マスコミ批判の本まで網羅し、その解くところ……

出処進退、生老病死、性・愛、色と恋、人生の節目に生起するもの、つまり人生そのもの。

生き方がみえてくる! 痛快無比の読書案内、130余冊、読書の饗宴。

河谷 史夫[カワタニ フミオ]
1945年生まれ。70年、朝日新聞に入り、社会部、社会部デスクを経て企画報道室編集委員、編集局特別編集委員、論説委員を歴任、2010年退社。94年から7年書評委員を務め、2003年から5年、コラム「素粒子」を書いた。
著書に『読んだふり』(洋泉社)、『一日一話』(洋泉社・新書y)、『記者風伝』(朝日新聞出版)などがある。

内容説明

生きるのに「もっとも苦しい時期」に読む本があることは、なんとありがたいことか。じつにそのような本とは持つべき友にたとえられる。―会員誌『選択』に十五年以上にわたって書き継がれた本と人をめぐるエッセイ、第三弾。ここに刊行!

目次

「むかえびと」比佐子よ
順番を待ちながら
「葬儀無用」と高峰秀子
一寸先は闇である
傾いた家で悠々を読む
傾いた家で荷風を読む
自分の形を守ること
今も昔も政治は不作
「やましき沈黙」の教訓
天声小人語の姑息さ〔ほか〕

著者等紹介

河谷史夫[カワタニフミオ]
1945年生まれ。早稲田大学第一政治経済学部政治学科卒業。70年、朝日新聞に入り、社会部、社会部デスクを経て企画報道室編集委員、編集局特別編集委員、論説委員、2010年、退社。社会部時代は警察、教育、公費天国批判キャンペーン、農政などを担当。現在、朝日新聞社社友。夢の庭画廊(上田)友の会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。