言視舎評伝選
渡辺京二

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 394p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784865650488
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0321

内容説明

若き日に「小さきものの死」で思想家として出発した渡辺京二が、一貫して手放さなかったものは、近代という時代の不可避性を見失わず、そこで失われていくものに思想の根拠をおくことで、歴史の必然性という概念に抵抗してきたことだ。その初期から現在に至る全著作を読み解き、その秘密に迫る本邦初の評伝。

目次

大連
闘病生活と若き日の歌
小さきものの死と挫折について
吉本隆明と谷川雁
患者との「心中」を決意した水俣病闘争
処女作『熊本県人』
『ドストエフスキイの政治思想』
神風連と河上彦斎―反近代の極北
西郷隆盛―明治帝国への反抗者としての西郷
宮崎滔天―アジア主義的虚像の破壊と民衆意識からのインターナショナリズム
北一輝―最も純粋なファシズム思想
二・二六事件と昭和の逆説
消費資本主義との思想的格闘(一)「地方という鏡」
消費資本主義との戦い(二)ポストモダン批判
石牟礼道子とイリイチ―コスモスの豊かさ
逝きし世の面影 滅び去った文明
黒船前夜
歩み続ける人

著者等紹介

三浦小太郎[ミウラコタロウ]
1960年東京生まれ。獨協学園高校卒。90年代から北朝鮮の人権問題や脱北者の支援活動などに参加。『諸君!』『月刊日本』『正論』『別冊宝島』等に執筆。自身のブログ「Blue Moon」で近代史・映画・音楽などの評論を展開する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件