飢餓陣営せれくしょん<br> 「オープンダイアローグ」は本当に使えるのか―「現場」で活用するための多角的な検証

個数:

飢餓陣営せれくしょん
「オープンダイアローグ」は本当に使えるのか―「現場」で活用するための多角的な検証

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 107p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784865650457
  • NDC分類 493.72
  • Cコード C0311

内容説明

薬物を使わずに驚くほどの効果を上げ、精神医療を刷新するというフィンランド発の精神療法「オープンダイアローグ」。これまでの療法とどこが違うのか?「対話」とは具体的にどういうことか?日本でも実践できるのか?医療をはじめ、さまざまな支援の現場からの視点で、話題の精神療法を徹底検証する。

目次

1 「オープンダイアローグ」についての報告(「オープンダイアローグ」についての問題提起;「オープンダイアローグ」との対話)
2 検証のための討議(討議「オープンダイアローグとは何か」を現場から読む)
3 技法と治療効果をめぐって(「オープンダイアローグ」の実用性をめぐって;多声的対話が生み出す共有言語が、治癒をもたらす―官能的評価から論じた「オープンダイアローグ」;フィンランドの切れ目ない子育て支援「ネウボラ」について―「オープンダイアローグ」の下地;「オープンダイアローグ」の「対話」に焦点をあてて;「オープンダイアローグ」を「甘え」から読む)