飢餓陣営せれくしょん<br> 「オープンダイアローグ」は本当に使えるのか―「現場」で活用するための多角的な検証

個数:

飢餓陣営せれくしょん
「オープンダイアローグ」は本当に使えるのか―「現場」で活用するための多角的な検証

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月12日 21時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 107p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784865650457
  • NDC分類 493.72
  • Cコード C0311

内容説明

薬物を使わずに驚くほどの効果を上げ、精神医療を刷新するというフィンランド発の精神療法「オープンダイアローグ」。これまでの療法とどこが違うのか?「対話」とは具体的にどういうことか?日本でも実践できるのか?医療をはじめ、さまざまな支援の現場からの視点で、話題の精神療法を徹底検証する。

目次

1 「オープンダイアローグ」についての報告(「オープンダイアローグ」についての問題提起;「オープンダイアローグ」との対話)
2 検証のための討議(討議「オープンダイアローグとは何か」を現場から読む)
3 技法と治療効果をめぐって(「オープンダイアローグ」の実用性をめぐって;多声的対話が生み出す共有言語が、治癒をもたらす―官能的評価から論じた「オープンダイアローグ」;フィンランドの切れ目ない子育て支援「ネウボラ」について―「オープンダイアローグ」の下地;「オープンダイアローグ」の「対話」に焦点をあてて;「オープンダイアローグ」を「甘え」から読む)