女と男の名作シネマ―極上恋愛名画100

個数:
  • ポイントキャンペーン

女と男の名作シネマ―極上恋愛名画100

  • 立花 珠樹【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 言視舎(2015/09発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 80pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月14日 01時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865650327
  • NDC分類 778.2
  • Cコード C0074

内容説明

女優の魅力、不倫や初恋、狂気の愛、時代に翻弄される恋など、古典的名作から観る者の生き方を変えかねない問題作まで、一生楽しめる映画ガイド決定版。

目次

1 ミューズたち
2 偶然から始まった
3 ファーストラブ
4 友情と愛情と
5 狂おしく
6 結婚しても
7 ムードに酔って
8 古典
9 個性あふれる主人公
10 歴史の渦の中で

著者等紹介

立花珠樹[タチバナタマキ]
共同通信社編集委員。1949年、北九州市生まれ。一橋大卒。90年代から文化部記者として映画を取材する。映画人のロングインタビューや、懐かしい映画の魅力を紹介するコラムなどを執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あいちょ。

3
図書館。 恋愛映画100本。 観てない映画ばかりだわ。 そもそも、恋愛映画観ないじゃないか。2019/04/24

Gen Kato

1
往年の名画から最近作まで、ポイントしっかり押さえました、な映画ガイド。観ていない作品はわずかだったので「ああ、この映画、また観たいなあ」が多かった。2022/03/04

サトル

0
本のタイトルに惹かれて図書館から取り寄せ、さぞかし映画選びに気のきいた指南をしてくれるものだと思ったら、いくつか読み進めるうちに一気に脱力感に苛まれてしまった。決定的に作品解説が希薄で、紹介する恋愛映画の観賞ポイントはピンボケそのものだ。僅かに知っている作品の解説は失笑するしかなかった。本書には各作品に「恋のツボ」と云う記述もあるが、何がツボなのか全く意味不明であるし、全部で10章に分けて、恋愛名画10のキーワードと謳っているが、これまた全く意味不明の構成で、編集者ともども勘違いな自己陶酔に満ちている。2018/08/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9879540
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。