言視舎評伝選<br> 竹内敏晴

個数:

言視舎評伝選
竹内敏晴

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年11月19日 06時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 318p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784865650242
  • NDC分類 771.6
  • Cコード C0395

内容説明

聾唖に苦しんだ一人の身障者として、「からだ」と「ことば」によってすべてを一から問い直した竹内敏晴。彼は、あくまで「前に出る」ことをやめない向日的な人でもあった。―演技レッスンによって劈かれる人間の可能性に向けて、人と人との出会いを演出し続けた「レッスンする人」の、生涯の全貌に迫る書き下ろし評伝。

目次

第1章 竹内敏晴とその時代―あるいはなぜ、いま、彼を語るのか
第2章 七八年/レッスン、あるいはエチュードの感触
第3章 存在論的な根拠―生い立ちと、その物語性について
第4章 浦和中学と旧制第一高等学校
第5章 マイナスからの出発/戦後の連続性
第6章 ことばが劈かれたとき
第7章 レッスンの検証としての湊川
第8章 拾遺

著者等紹介

今野哲男[コンノテツオ]
1953年宮城県生まれ。編集者、ライター。横浜市立大学文理学部中退。78年竹内敏晴演劇研究所に入所。79年「竹内スタジオ」による兵庫県立湊川高校公演「田中正造」に俳優として参加。その後、演劇現場を離れ、月刊『翻訳の世界』編集長を経て99年からフリーランスとして活動。「光文社古典新訳文庫」創刊にかかわる。現在、上智大学文学部英文科非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件