旅人思考でイスラムと世界を知る本―ムスリムを理解するキーワード「ハビビ」

個数:
  • ポイントキャンペーン

旅人思考でイスラムと世界を知る本―ムスリムを理解するキーワード「ハビビ」

  • 中山 茂大【著】
  • 価格 ¥1,836(本体¥1,700)
  • 言視舎(2015/05発売)
  • 和書・和雑誌 全点ポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 85pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月27日 05時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 263p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865650204
  • NDC分類 292.8
  • Cコード C0036

内容説明

イスラム世界を歩いてみた。戦争、テロ…連日のようにニュースをにぎわす地域でもそこに生きる人々の日々の営みは続けられている。彼らは何を考えて暮らし西欧や日本をどのようにみているのか?われわれは彼らと理解しあえるのか?旅人だからわかる生の国際関係。

目次

第1章 イスラム世界のハビビな人々(ハビビな人々;マラケシュの詐欺師 ほか)
第2章 庶民の感覚でイスラムを知る(アッラーを信じないのか!?;「神を信じない=神に感謝しない」の論理 ほか)
第3章 イスラム圏をめぐる国際関係(ベツレヘムの壁;イスラエルの兵士 ほか)
第4章 イスラムと西洋(イスラミックステートによる拉致殺害事件;過剰な日本賛美の裏側 ほか)

著者等紹介

中山茂大[ナカヤマシゲオ]
ライター。専門は海外事情、田舎暮らし、DIY。上智大学在学中は探検部に所属し世界各地を貧乏旅行。ロバを連れて南米アンデス山脈5600キロを縦断する。世界各地のご家庭で居候するのがライフワーク(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件