寒がりやの竜馬―幕末「国際関係」ミステリー

個数:

寒がりやの竜馬―幕末「国際関係」ミステリー

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年07月18日 04時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865650198
  • NDC分類 210.58
  • Cコード C0021

内容説明

吉田松陰や坂本竜馬はなぜ「竹島」を目指したのか?そして竜馬にとって「蝦夷地」の意味とは?緊迫する当時の東アジア国際情勢の中で、竜馬をはじめとする幕末人物像を見直す。現在を考えるときに不可欠な視座を提供する歴史読み物。通説を大胆に覆す史料の「読み」と「推理」

目次

0 寒がりやの竜馬(寒がりやのハーン;蝦夷地を臨む吉田松陰 ほか)
1 蝦夷「開発」の始動(田沼意次と松平定信―蝦夷地開拓はいかにはじまり、なぜ挫折したか;高田屋嘉兵衛―「鎖国」は儲かる!? ほか)
2 竜馬慶応三年「北方を開く」の検証(一八六七年二、三月、二通の手紙;竜馬の「竹島」調査計画 ほか)
3 竜馬、三つの「開国」(「新国」を開く;「藩」を開く ほか)
4 竜馬血族の北海道「開拓」(「北の竜馬たち」;沢辺琢磨 ほか)

著者等紹介

鷲田小彌太[ワシダコヤタ]
1942年、札幌市生まれ、札幌南高、大阪大学文学部哲学科卒、同大学院博士課程満期中退。75年三重短大講師、同教授を経て、83年札幌大学教授(哲学・倫理学担当)。2012年退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。