言視BOOKS<br> 東京の「怪道」をゆく―「異界」発掘散歩

個数:

言視BOOKS
東京の「怪道」をゆく―「異界」発掘散歩

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年02月22日 05時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784865650068
  • NDC分類 291.36
  • Cコード C0325

内容説明

遊郭の変遷、隅田川の周辺ゾーン、七不思議や妖霊伝説の数々…、怪しげでも、どこか惹かれる「異界」とその境界を歩く。

目次

第1章 吉原誕生までの足跡を巡る(江戸に別世界を創った男の足跡―元吉原まで;新吉原周辺を歩く)
第2章 隅田川の橋と渡しと水門巡り(隅田川の橋と渡しの概要;勝鬨橋から両国橋まで;両国橋から鐘が淵、千住汐入大橋まで;千住汐入大橋から岩淵水門まで)
第3章 「七不思議」を歩く(七不思議のはじめ;本所七不思議を巡る;千住七不思議を語る;麻布七不思議を語る)
第4章 「怪道」をゆく(河童・狐狸・亡霊などの史跡巡り)

著者等紹介

川副秀樹[カワゾエヒデキ]
1949年生。中央大学経済学部卒。G・デザイン事務所経営を経て現在、著作・編集業・民俗学研究者。’03~「東京都高尾パークボランティア会」会員。’06~神職の体験及び研究を開始。’11~「古文書の会」(武蔵野市)会員。’50~’60年代の黒人音楽(Soul Music、R&B)に造詣が深く自らもグループ「THE 49ERS」を組み、年数回の演奏活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。