ハウジングファースト - 住まいからはじまる支援の可能性

個数:

ハウジングファースト - 住まいからはじまる支援の可能性

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月19日 22時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 221p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784865380699
  • NDC分類 368.2
  • Cコード C3036

出版社内容情報

欧米で始まっている、ホームレス支援の革新的な理論と実践「ハウジングファースト」を日本で初めて紹介した本
日本で「ハウジングファースト」型の支援を実践している医療・福祉関係者、アメリカのハウジングファーストを研究している研究者など、計10名が執筆を担当

◎ハウジングファーストとは、
無条件に、安定した住まいを提供する。
「安定した住まいを得たいか否か」、問いはそれだけ。
得たいならば、住まいを支援する。
そして、必要に応じて、本人のニーズにもとづいた支援をする。
支援と住まいは完全に分けられる。
支援がなくても住まうことができ、住まいを失っても支援を利用することができる。
それが、ハウジングファーストである。

目次
はじめに 「ハウジングファースト」という試みが始まっている(森川すいめい)
第1章 ハウジングファースト型のホームレス支援のエビデンスとその実践(熊倉陽介+森川すいめい)
第2章 パスウェイズ・トゥ・ハウジングとハウジングファースト(山北輝裕)
第3章 国内におけるホームレス対策の進展とハウジングファースト~東京23区における状況を中心に(稲葉 剛)
第4章 貧困ビジネス施設の実態(吉田 涼)
第5章 「自分の部屋が欲しい」―かなえてあげられなかったあなたへ(小林美穂子)
第6章 ハウジングファーストの人間観と支援アプローチ(小川芳範)
第7章 ホームレス状態にある人に対する居住支援の現状と課題~つくろいハウスの実践をとおして(大澤優真)
第8章 日本の精神科医療とハウジングファースト(渡邊 乾)
第9章 ハウジングファーストと障害者自立生活運動(高橋慎一)
第10章 拡大する「住まいの貧困」とハウジングファースト(稲葉 剛)
◎ハウジングファースト東京プロジェクトのご紹介
おわりにかえて(稲葉 剛)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yhirose254

8
『無料低額宿泊所Aを運営する社会福祉法人Bの評議員であり、無料低額宿泊所Aに長年勤務している常勤指導職員は、私との会話のなかで、「こっち (社会福祉法人Bおよび無料低額宿泊所A) だってビジネスでやつてるんだ!!儲けが出ない利用者なんか面倒みてらんねえよ! 」と発言している。(p91)』貧困ビジネス、福祉ビジネスの一方で、ボランティアが前提の社会福祉というのも、なんとも、釈然としない。人が人としての権利を当然のものとして行使できる社会はお互いに思いやることのできる社会、理想はとにかくなかなかに難しい。2018/07/26

よく読む

7
家を希望する人たちがいる。住居は人にとって基本的な権利であり尊厳である。憲法にも「最低限文化的な生活の保障」はあるが、現実の社会保障はそのようになっていない。ホームレスという言葉は国際的には路上生活者に限らず、友人の家を渡り歩く人、入院中の精神障害者、障害者も含む。現状、「疾病の回復→共同住宅→アパート」のステップ型支援が多く、そのステップの対象とならない人や上がれず路上に帰る人たちがいる。精神病患者の多くは3年以上も入院する。その背景には、貧困ビジネスや病院の利権、ホームレスを管理対象とする社会がある。2019/03/01

せい

3
「安定した住まいを得ることは人権保障に不可欠な権利だ」というあまりにも当たり前すぎるが故に考えの及ばなかった事実に改めて気づき、ハッとする。従来就労や医療を受けることを条件に、指示通りにステップアップしなければ住まいを得られないワークファーストな支援が行われてきた。本書ではまず安定的な住まいを提供し、そこから本人の困難や希望に合わせた支援を継続して行うというHFが紹介されている。海外での統計データを基にHFの有効性を述べる最初の章と障害者自立運動や精神障害者の地域移行の話にも繋がる後半が特に興味深かった。2020/12/03

Miki Shimizu

3
Twitterでよく紹介されてて、でも、本屋ではあんまし見かけないし、どうしようかと思ってたら、図書館で借りれた。ちょっと難しかった。日本って、外国でこれがいいよ!とかこれあかん!とか研究結果出てんのに無視して暴走するイメージ。いいってわかってるねんから、しかも安上がりってわかってんねんから、やればいいのに!2019/11/21

asumi

2
いろいろな条件をクリアできたら住まいを得られますというステップアップモデルではなく、最初から住まいを得られてそこから始めるハウジングファーストモデルはやはりいいと思った。著者の方々が言う通り、ステップアップモデルではやっていけない人も多そうだ。自分だってそうだろうと思う。 最後のほうに書いてあった「適切な住居への権利」や「住まいの貧困」といった話はホームレスだけでなくすべての人に関する普遍的なことだということが特に印象に残った。2018/11/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12793449

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。