汚穢のリズム―きたなさ・おぞましさの生活考

電子版価格
¥2,420
  • 電書あり

汚穢のリズム―きたなさ・おぞましさの生活考

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 46判/ページ数 284p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865284065
  • NDC分類 041
  • Cコード C0036

内容説明

雑草、害虫、ゴミ、悪臭・腐臭、死、排泄、にごり、汚染…“汚穢”を避けようとする人間の行動や経験を、人類学、倫理学、環境社会学などの視点から考察する。

目次

1 ぽたりぽたり―ざわつく暮らし(だらしない―生活の旋律(酒井朋子)
きりがない―ゴキブリの足音が聴こえた朝(中村沙絵) ほか)
2 きちりぴかり―清められ離される(浄化する―ライプニッツのドイツ語改良論(古田徹也)
嗅ぎわける―嗅覚の地理(原口剛) ほか)
3 じわりぞわり―汚穢から生まれくる(笑う―グロテスクな肉体の躍動(酒井朋子)
おぞましい―死体にまつわる不死性(斎藤喬) ほか)
4 そろりそろり―汚染の向こう側(かきまぜる―にごりの海の透明度(福永真弓)
のぞきこむ―農業危険物との遭遇(オスカー・レン) ほか)