淳ちゃん先生のこと

個数:
  • ポイントキャンペーン

淳ちゃん先生のこと

  • 重金 敦之【著】
  • 価格 ¥1,944(本体¥1,800)
  • 左右社(2018/12発売)
  • ウェブストア春のポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 90pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月22日 12時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 218p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865282177
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

渡辺淳一と編集者の物語。一人の作家に百人を超す編集者が集った「やぶの会」は、日本の文壇史上例を見ない親睦団体だった。

目次

第1章 一九六八年、日本初の心臓移植手術が札幌で行われた
第2章 波紋を広げた「小説心臓移植」の発表
第3章 直木賞を受賞し、瞬く間に流行作家へ
第4章 「やぶの会」は「渡辺教授」の「医局」だった
第5章 「化粧」の出版、「桜の樹の下で」と「麻酔」
第6章 母、渡辺ミドリによる渡辺家の遺徳
第7章 直木賞選考委員、林真理子と藤堂志津子を推す
第8章 突如、前立腺がんをカミングアウト
第9章 「ひとひら忌」と「渡辺淳一文学賞」の創設

著者等紹介

重金敦之[シゲカネアツユキ]
1939年、東京生まれ。文芸ジャーナリスト。慶応大学卒業後、朝日新聞社入社。「週刊朝日」在籍中に、池波正太郎、松本清張、結城昌治、渡辺淳一など多くの作家を担当した。日本文藝家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。