どこでもない場所

個数:
電子版価格
¥1,870
  • 電書あり

どこでもない場所

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 203p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865282092
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

迷い巻き込まれてきた小説家の、旅、仕事、学生時代…などにまつわる20の迷エッセイ集。

目次

はじめに
タコと地図
おばあさんのバイキング
初めてのコックピット
幻の店
ほんの少しバカ
ひきわり納豆
変圧器
背もたれ問題
困った人〔ほか〕

著者等紹介

浅生鴨[アソウカモ]
1971年神戸市生れ。大学在学中より大手ゲーム会社、レコード会社などに勤務し、企画開発やディレクションなどを担当する。その後、IT、イベント、広告、デザイン、放送など様々な業種を経て、NHKで番組を制作。その傍ら広報ツイートを担当し、2012年に『中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?』を刊行。現在はNHKを退職し、主に執筆活動に注力している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

けんとまん1007

71
帯にあるとおり、迷子でいいのだ・・と、思う部分がある。誰しも、そんな場面があると思う。それでも、何とかなることが多いのは、何故だろう。この文章の力の抜け具合が絶妙。迷うことを楽しむくらいのこころでいたい。2022/06/26

アキ

69
若い頃の焦燥感。背もたれを倒さない人との関係性を避ける気持ち。流されるまま何も決められなかったけど、やりたくないことをわざと選ぶ天邪鬼な性格。自分が行ったことに自信が持てず、ネガティブな若い頃の自分が甦る。「人は変わるものだと僕は思っている。ずっと変わらない一つだけの自分なんて退屈過ぎるじゃないか」「なりたかった自分になれないまま生きていく。それが生きていくということではないのだろうか。だからこそ人生は面白いのだと、あの日から数十年経た今、僕はそんなふうに思うのだ。」年月を経て至る境地はみな同じなんだなあ2019/08/02

阿部義彦

30
左右社です、目の付け所がシャープですね。これはかなり売れるんじゃ無いでしょうか?脱力エッセイとでも言うのかなあ。穂村弘さんとは目指す方向は似ているようですが根本は全然違いますね。作者の事は初めて知りましたが、これはもう勘で左右社の新刊案内で目にしてから買うべきだとピンと来ました。そして正解でした。装幀も素敵と思ったらクラフト・エヴィング商会でした。椎名誠さんの本のコピーをそのまま引用すれば、これこそ平成最後のオモシロカナシズム!売れそうですねー。頑張れ左右社!2018/09/18

たまご

24
サツバツとした広告業界の中で,この「ユルさ」に包まれた柔らかさは,大変だったんじゃないかなーと思いつつ,お葬式のおじい様の話をよんで「この血が流れてれば大丈夫か!」とも感じました. 面白さの中に,こちらの心の柔らかい部分に触れてくる内容が心地よい本でした. 作者名,「あっ,そーかも!」というのでペンネーム付けたのかな?と思ってるんですけど,本名なのかな…?2020/03/17

波多野七月

24
言葉にならなかった思いは、いったいどこへ行くんだろう。誰かに話すでもなく、ネットに書き込むのでもなければ、ノートに書きとめるわけでもない。その人がこの世からいなくなるか、記憶がなくなれば消えてしまうんだろうか。それがずっと、不思議で仕方なかった。この本を手にしたとき、かつて私の中にもあった「言葉にならなかった思い」と再会したように感じた。ベージュやグレーの装丁や、手になじむ柔らかな紙質の素材がどこか曇天の空を思わせる。迷子でいいのだ、と帯のフレーズを呟いてみる。呼吸をするのが、ほんの少しだけ楽になった。2018/10/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13078312
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。