放送大学叢書<br> 古代ギリシアにおける哲学的知性の目覚め

個数:

放送大学叢書
古代ギリシアにおける哲学的知性の目覚め

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2018年07月17日 19時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 197p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865281897
  • NDC分類 131
  • Cコード C0310

内容説明

人はいつ、哲学しはじめたのだろうか。トゥーキュディデースの歴史記述、エウリピデスの悲劇、華開く古代ギリシア文化の精髄を味わいながら、近代へと注ぎこむギリシア精神を捉える。

目次

第1章 神話から歴史へ―ヘロドトスの『ヒストリア』
第2章 人間洞察と歴史記述―トゥーキュディデースとペロポネソス戦争(上)
第3章 アテネ民主主義の運命―トューキュディデースとペロポネソス戦争(下)
第4章 ギリシア悲劇の近代性―アイスキュロス、ソフォクレス、エウリピデス
第5章 近代哲学に響くギリシア悲劇―ヘーゲルとニーチェの哲学
第6章 恋愛小説としてのプラトン対話篇―アリストファネス、プラトン
第7章 ギリシア文化の影響力―遠近法の歴史

著者等紹介

佐藤康邦[サトウヤスクニ]
倫理学、哲学。東京大学名誉教授。主な著書に『カント『判断力批判』と現代』(岩波書店、第18回和辻哲郎文化賞受賞)などがある。1944年東京都生まれ。1973年東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。同大学教養学部社会科学科助手。1977年東洋大学文学部専任講師。1980年同大学助教授。1989年同大学教授。1996年東京大学大学院人文社会系研究科教授。2006年東京大学名誉教授、放送大学教授。2014年放送大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。