放送大学叢書<br> 日本音楽のなぜ?―歌舞伎・能楽・雅楽が楽しくなる

個数:

放送大学叢書
日本音楽のなぜ?―歌舞伎・能楽・雅楽が楽しくなる

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 193p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865281682
  • NDC分類 768

内容説明

日本人が大切にしてきた心―日本音楽はなぜノリが悪いのか?なぜ何を言っているのかわからないのか?なぜ流儀・流派があるのか?第一人者が15の疑問に答えます。

目次

日本には日本音楽があるのか
なぜメロディーがないのか
なぜノリが悪いのか
なぜ何を言っているのかわからないのか
なぜ指揮者がいないのか
どのように伝承されてきたのか
どのように作曲されるのか
なぜ流儀・流派があるのか
なぜ立って演奏してはいけないのか
なぜ語尾を震わせるのか
なぜ金属製の楽器がないのか
なぜ調律・調弦をしながら演奏するのか
なぜ聴く機会がないのか
伝統芸能・伝統音楽とは何か
日本音楽の特色と将来

著者紹介

竹内道敬[タケウチミチタカ]
日本近世音楽史。武蔵野音楽大学、お茶の水女子大学、東京藝術大学、国立音楽大学などの非常勤講師のほか、文化庁芸術祭音楽部門審査委員、芸術選奨選考委員、芸術作品賞選考委員、文化財保護審議委員などを歴任。一般財団法人古曲会の設立、運営に尽力。主著に『近世邦楽研究ノート』(名著刊行会、日本演劇学会河竹賞)。主な監修、解説をしたレコード類に「荻江節考」(コロムビア、文化庁芸術祭優秀賞)、「一中節古典名作選」(テイチク、文化庁芸術祭大賞)、「一中節宇治紫文選集」(テイチク、文化庁芸術作品賞)、「三世相錦繍文章」(ビクター伝統文化振興財団、文化庁芸術祭大賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)