カメラの前で演じること―映画「ハッピーアワー」テキスト集成

個数:

カメラの前で演じること―映画「ハッピーアワー」テキスト集成

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年08月17日 17時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 305p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865281347
  • NDC分類 778.4
  • Cコード C0074

内容説明

自分が自分のまま、別の何かになること。驚異の作品「ハッピーアワー」で第68回ロカルノ国際映画祭最優秀女優賞、ならびに脚本スペシャルメンション!いま世界から注目される映画作家・濱口竜介の書き下ろし演出論。

目次

1 『ハッピーアワー』の方法
2 脚本とサブテキスト(シナリオ『ハッピーアワー』;『ハッピーアワー』サブテキスト)
3 フィルモグラフィ 自作解説

著者紹介

濱口竜介[ハマグチリュウスケ]
1978年、神奈川県生まれ。2008年、東京藝術大学大学院映像研究科の修了制作『PASSION』がサン・セバスチャン国際映画祭や東京フィルメックスに出品され高い評価を得る。その後も地域やジャンルをまたいだ精力的な制作活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)