凸面鏡の自画像

個数:

凸面鏡の自画像

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2023年12月05日 04時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6変判/高さ 20cm
  • 商品コード 9784865280524
  • NDC分類 931
  • Cコード C0098

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ

90
ジョン・アシュベリーは、ニュー・ヨーク派の前衛詩人。1975年この長編詩で全米図書賞・全米批評家協会賞・ピュリッツァー賞受賞。パルミジャーニは1503年フランシスコ・マッツォーラとして1503年パルマに生まれ、20歳で教皇クレメンテ7世の寵愛を受けるが、1527年ローマの掠奪でパルマに戻った。アシュベリーはニューヨークのショーウインドウでこの絵を見て552行の詩を書いた。自画像の描き方、魂、幽閉、表層、外部、今日、夢、他者、展示場のテーマ。ポール・オースターが「幽霊たち」で詩の一部を引用した。難解な詩。2022/01/25

18
表紙に惹かれて手に取っては見たものの、あまりにも難解な詩であり、考察もほとんどできなかった。イタリアのパルミジャニーノという画家の「凸面鏡の自画像」という絵画に触発されて書かれた詩みたい。パルミジャニーノという画家を恥ずかしながら今まで知らなかったけれど、画風がとても好きだと思った。アシュベリーもこの絵が好きだったのだろうか。後ろには原文の英語版の詩もついているので、原文で読みたい人には嬉しい詩の本だと思う。★★★☆☆2022/04/23

きゅー

10
ジョン・アシュベリーによる長編詩。16世紀の画家パルミジャニーノが描いた「凸面鏡の自画像」を契機に(アシュベリーはこれを「自画像を出発点とする」と書いた)自己を省察する内容であり、非常に難解な詩だった。「今日は烈しく陽が沈む、そんな感じをわたしはどこかで知っていたし、なぜ意味ありげだったか、そして何年も前に他人がそう感じたことも知っていた」。しかし、このように時々顕になる叙情性にドキリとさせられる。途中で解説を挟んで3回通読。難解さはそのままだが「理解できなくても感じられるあの言葉の囁き」に身を浸した。2022/02/24

猫柳

2
理解するのが難解で、2割も理解出来たか分からない。何となくわかったような気になるだけ。ただ芸術家は暗雲の中に飛び込むようなもので、あらゆる思考の先に導き出した答えを実行して一時的に光が見えたとしても、その先にはその光は幻だったかのような、果てしない不安と戦っているような思いが、詩の中に沢山感じられた。一種の限界を超えるような作業の連続に、尊敬の念を抱かずにはいられない。とても不思議な本。理解が難しいのに退屈どころかどんどんページをめくらざるを得ない。目を話すことが出来なかった本当に不思議な本。2023/05/13

ドロシー

0
原文は未読。2022/12/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19032551
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。