大澤真幸THINKING O<br> “女”としての天皇

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

大澤真幸THINKING O
“女”としての天皇

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2023年12月05日 21時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865280159
  • NDC分類 210.04
  • Cコード C0021

内容説明

天皇と武士はなぜ共存できたのか。日本の権力はなぜあいまいなまま続くのか。書き下ろし8万字超!大澤真幸による「天皇」論、歴史学者本郷和人との対談「天皇と武士 なぜ権力が共存したのか」。渾身にして最長の最新号。

目次

対談 天皇と武士―なぜ権力が共存したのか
論文 天皇―武士とのふしぎな共存(万世一系という謎;空虚化する中心;古代天皇制;武士と天皇;武士の起源;「朝廷の中の幕府」から「幕府の中の朝廷」へ;イエという組織原理;“女”としての天皇)
結に代えて 信長はなぜ殺されたのか

著者等紹介

大澤真幸[オオサワマサチ]
1958年生まれ。社会学。個人思想誌「THINKING「O」」主宰。『ナショナリズムの由来』で毎日出版文化賞を受賞。『自由という牢獄』で河合隼雄学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ころこ

28
天皇という存在が明治以降つくられた男系男子の強いイメージは不自然で、武士から半分軽んじられながらもその軽んじた権力者ですら天皇に代わろうとはしない、その位に日本社会にとってなぜ天皇は必要なのかという謎を考察しています。折口信夫によれば明治以降のイメージを覆す〈女〉としての天皇こそが本来的な天皇の機能だが、権力を補完する武士との関係では武士の方が女性性を帯びるというように性的に両義性を帯びる機能としての天皇像を、ラカンの性化の公式を使い日本人における人間関係を根底で規定しているものとして提示しています。2021/02/17

Tom

0
折口信夫の古代の大嘗祭についての論を引きながら、天皇は神にとっての嫁であったとする。生物的な性とは別に、天皇は女として即位した。武士は天皇のことを蔑ろにしながらも、天皇を滅ぼさず、時には利用、依存したのはなぜか。ラカンの性化の公式を用いて説明しているが、ラカンさんとは初めましてなのでムズカシカッタ。参考文献も英語だし。よ~く何度も読んでなんとか理解。武士が天皇への態度を曖昧なままにしていたのは具体的な外敵の脅威がなかったから。天皇論であり武士論であり信長論である。本書を踏まえた上での日本人論に期待。2021/03/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17564429
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。