戦前尖端語辞典

個数:
電子版価格 ¥1,870
  • 電書あり

戦前尖端語辞典

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月26日 21時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865280111
  • NDC分類 814.7
  • Cコード C0095

内容説明

戦前の流行・風俗がありありと立ち上がる285語収録。

目次

生活
学生
外来語
思想
女学生
文化
医療
社会
隠語

著者等紹介

平山亜佐子[ヒラヤマアサコ]
文筆家、デザイナー

山田参助[ヤマダサンスケ]
漫画家。『あれよ星屑』(KADOKAWA/エンターブレイン)が2019年に手塚治虫文化賞新生賞、日本漫画家協会賞大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Willie the Wildcat

81
大正8年から昭和15年までの”先端語”285語。木曜会/世相/生活の観点でお気に入りを選定。木曜会からは『低徊趣味』。呑気な面々ではなかった気もするが、高唱していたのか。次に世相からは『罰金葉書』。いや~コロナ禍でも同じ?!皮肉だなぁ。生活からは『通過駅』。これまた時代を超越して、私のような俸給生活者の悲哀描写。但し、微笑ましい。番外編として『ツンドク』。私を含め読メの多くの皆様の悩み+喜びのタネ。これまた時代を超越。山田参助さんのノスタルジックな挿絵と、各章末の『ねころびコラム』の蘊蓄も一見の価値あり!2021/06/05

garth

22
この中に自分がふだんわりと使う言葉が出てきてびっくりした。「ほんの寝巻で」というのだが、どうりで誰にもわかってもらえず、みなきょとんとしているはずである。これ、母の口癖なので、そんな昔の言葉とも知らずに覚えてしまったんだが、そもそも母だってそんな言葉を覚えているような年ではない。相当なモガだったという祖母が使っていたのが親子三代受け継がれたものか。今後、さらに積極的に使っていきたい。2021/02/05

のりすけ

20
インフルエンスがこんな時代からあったとは。中年の定義が男40代、女30代って、今フツーにヤングさんやん。今でも残る言葉もちらほらあって面白かった。「あのドスベタがっ!」って言いますよねー?普通の人はそんな言葉を使いません。「与えよ病」は、婦人の参政権については、与えろやと思うけど、昨今の世情を見てると厚かましいだけの与えよ病が多すぎる気がするです。つかマスコミが与えよ言い過ぎやと思います。2021/05/21

chitotaka

8
昭和15年までに生まれた流行語や新語が、イラストと共に紹介されている。一語ずつに書かれた解説が詳細で、読み物としても面白い。殆どは聞いたこともなく、程なく廃れた言葉だろうと予想されるが、現在でも使われている語も散見され(『万年床』『アマちゃん』『意味深』等)、発祥の由来や時期がわかる。『鎌子式』はお抱え運転手と密通して心中を図った伯爵夫人の名から。流行語になるほど騒がれたらしい。『ビル子』はオフィスビルで働く女事務員。都会的なお洒落女子のニュアンスがあった。なくなった言葉の由来の方がより時代を感じさせる。2021/07/30

ris3901

7
大正8年から昭和15年までの流行語をまとめたもの。「インフルエンス」という言葉が以前あったり、今も使えそうな「ざくばら」今も使う「ツンドク」等、様々な変遷が感じられて面白い。イラストも装丁もコンセプトに合っています。2021/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17457021

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。