知的障害のある子を育てた母の障害観―ICFによる質的分析から

個数:

知的障害のある子を育てた母の障害観―ICFによる質的分析から

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年05月22日 19時36分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 302p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784865000795
  • NDC分類 369.28
  • Cコード C0036

内容説明

障害児を育てた母親当事者の声をICFのコードにリンクさせることで、「社会モデルでも個人モデルでもないモデル」を表現しうる道具としてのICFを模索し、「脱家族」に対する母親の違和感を「ICFと社会モデル」の相克と重ねて明らかにする。

目次

第1章 研究の背景(研究の背景と議論の文脈;先行研究 ほか)
第2章 研究の方法(研究における問い;筆者の立ち位置 ほか)
第3章 障害のある子を育てた母親のグループディスカッション(ディスカッション参加者プロフィール;グループごとのディスカッションの流れ ほか)
第4章 考察と結論(知的障害のある子をもつ母親の障害観;社会資源として活かす知的障害のある子をもつ母親の障害観 ほか)
補章 先行研究(障害児家族研究と親の障害観;ICFについての先行研究レビュー)

著者等紹介

下尾直子[シモオナオコ]
1962年生。日本女子大学文学部社会福祉学科卒業後、(株)ニッポン放送アナウンサー、FMNACK5パーソナリティー。結婚・出産・子育てののち、横浜国立大学大学院教育学研究科障害児教育専攻博士課程前期修了(教育学修士)、日本女子大学大学院人間社会研究科社会福祉学専攻博士課程後期修了(社会福祉学博士)。日本女子大学非常勤講師等を経て、洗足こども短期大学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。