障害支援と関係の教育学―専門性の権力をめぐって

個数:

障害支援と関係の教育学―専門性の権力をめぐって

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年07月04日 03時12分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 241p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784865000788
  • NDC分類 378
  • Cコード C0036

内容説明

「障害支援」の専門性に付帯する権力について教育の視点から検討し、支援する‐される関係ではなく、葛藤が新しいものを生む可能性として承認されるような「場」の設営と維持こそが専門家の役割となることを指し示す、注目の論考。

目次

序章
第1章 障害支援の専門家はいかにして作られるのか
第2章 「関係」と「障害」の構築過程
第3章 相互教育における主体形成の関係論的再考
第4章 「発達障害」概念の様相
第5章 障害支援の包摂と排除―「場」の権力作用と合理的配慮
第6章 専門家像の脱構築
終章

著者等紹介

村田観弥[ムラタカンヤ]
1970年兵庫県生まれ。神戸大学人間発達環境学研究科博士課程後期課程修了。博士(教育学)。中学校、特別支援学校などで18年の教員経験がある。神戸大学附属ヒューマン・コミュニティ創成研究センター障害共生部門研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。