3.11以前の社会学―阪神・淡路大震災から東日本大震災へ

個数:

3.11以前の社会学―阪神・淡路大震災から東日本大震災へ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 288p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784865000245
  • NDC分類 361
  • Cコード C0036

内容説明

「不条理な死」に対して人はどのように向き合えばいいのか。広域システム災害のメカニズムとは何か…3.11「以前」の社会学研究のなかに3.11を読み解く知を見出し、1995と2011の二つの大震災で露呈した社会構造や社会システムの変容を明らかにする。社会学における新たな研究対象と理論を構想し、長期にわたって続くであろう「再生」への困難な道のりを社会学者としていかに捉えていくべきかを問う、渾身の論集。

目次

序章 災害の社会学をめざして
第1章 彷徨える魂の行方―災害死の再定位と“過剰な”コミュニティ
第2章 広域システム災害―阪神から東北、そして首都・東京へ
第3章 災害ボランティア―助け合いの新たな仕組みの可能性と課題
第4章 多文化共生―1.17で芽ばえた意識は3.11で根づくのか
第5章 東日本大震災と外国人―マイノリティの解放をめぐる認識の衝突
第6章 災害の記憶―写真・保存・時間
第7章 リスク社会と社会学の問い―「フクシマ」という問題
結びにかえて

著者等紹介

荻野昌弘[オギノマサヒロ]
関西学院大学社会学部教授

蘭信三[アララギシンゾウ]
上智大学総合グローバル学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件