日本における作業療法の現代史―対象者の「存在を肯定する」作業療法学の構築に向けて

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本における作業療法の現代史―対象者の「存在を肯定する」作業療法学の構築に向けて

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 303p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784865000092
  • NDC分類 494.78
  • Cコード C0036

内容説明

作業療法学は何を目指し、何処へ向かえばよいのか。矛盾した言葉・概念として臨床現場に存在する「障害受容」を手掛かりに、日本における作業療法の現代史を丁寧に追い、「存在の肯定」という規範・倫理的視座から、過去から連なる作業療法の「良い」未来図を提示する。

目次

第1章 ひとの価値と作業療法―障害者の就労の3つの位相をめぐる一考察
第2章 日本における作業療法(学)の現代史
第3章 「寝たきり老人」をめぐるリハビリテーション言説―特に1990年以降について
第4章 「認知症高齢者」をめぐるリハビリテーション言説
第5章 日本のリハビリテーション学における「QOL」の検討―主観/客観を超えたリハビリテーション学の足場を求めて
第6章 存在価値と能力価値の倒置のない作業療法学のあり様を目指して―「作業の意味性」と「治療/非治療のフィールド」の探究

著者等紹介

田島明子[タジマアキコ]
1970年生まれ。作業療法士。2012年3月立命館大学大学院先端総合学術研究科修了(学術博士)。1993年東京都立医療技術短期大学作業療法学科卒業。1999年3月東洋大学2部社会学部社会学科卒業。2003年9月東洋大学大学院社会学研究科福祉社会システム専攻修了(社会学)。1994年4月より東京都心身障害者福祉センター、2001年より東京都板橋ナーシングホーム勤務。2009年4月より2011年3月まで吉備国際大学保健科学部作業療法学科講師(現在は名称を変更して保健医療福祉学部)。2011年4月より聖隷クリストファー大学リハビリテーション学部作業療法学科准教授。2012年5月より聖隷クリストファー大学大学院にて作業療法科学地域作業療法開発学領域を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。