受精卵診断と出生前診断―その導入をめぐる争いの現代史

個数:

受精卵診断と出生前診断―その導入をめぐる争いの現代史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月25日 20時35分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 339p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784865000030
  • NDC分類 495.5
  • Cコード C0036

内容説明

「流産防止」か「いのちの選別」か。日本における受精卵診断導入をめぐる論争の経緯を、日本産科婦人科学会と障害者と女性からなる市民団体との論争を中心にたどり、いかなるパワーポリティクスのもとで論争の文脈が変化し、この技術が導入されていったのかを明らかにする。ダウン症判定をはじめ今また様々な論議を呼んでいる出生前診断、その論争点を提示する必読の書。

目次

第1章 受精卵診断技術の開発と普及の概観
第2章 受精卵診断をめぐる論争・前史(1970年代~1990年代前半)
第3章 「生命の選別技術」をめぐる論争期(1992年~1998年)
第4章 臨床実施に向けた準備期(1999年~2004年夏)
第5章 不妊治療への適用拡大期(2004年秋~2006年冬)
第6章 「流産防止のための受精卵診断」の普及期(2006年春~2010年)

著者紹介

利光惠子[トシミツケイコ]
大阪大学薬学部薬学科卒業、立命館大学大学院先端総合学術研究科先端総合学術専攻博士課程修了(学術博士)、現在は立命館大学大学院先端総合学術研究科研究生、としみつ薬局を自営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件