生死の語り行い〈1〉尊厳死法案・抵抗・生命倫理学

個数:

生死の語り行い〈1〉尊厳死法案・抵抗・生命倫理学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月18日 22時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 230,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784865000009
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C0036

内容説明

「安楽死」を認めるのではない、あくまで「尊厳死」なのだという主張の危うさとは?またも蠢きだした「尊厳死法案」。この動きの背景・歴史・生命倫理学における肯定論、そして抵抗の論理を、賛成・反対両者の法案や声明、文献の紹介などを通して明らかにする。

目次

第1章 短文・他(私には「終末期の医療における患者の意思の尊重に関する法律案(仮称)」はわからない
「自己決定」について三〇〇字で論じなさい、に ほか)
第2章 引用集―法案・意見(末期医療の特別措置法案;「安楽死法制化を阻止する会」の声明 ほか)
第3章 功利主義による安楽死正当化論(生命の神聖さ;与益)
第4章 「ブックガイド・医療と社会」より(米国;オランダ ほか)

著者紹介

立岩真也[タテイワシンヤ]
1960年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。現在、立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。専攻は社会学

有馬斉[アリマヒトシ]
1978年生まれ。国際基督教大学教養学部卒、米国ニューヨーク州立大学バッファロー校哲学博士課程修了。現在、横浜市立大学国際総合科学部准教授。専攻は哲学、倫理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件