稼ぐ社長の決断―転んでも起きあがれる業のツボ

個数:

稼ぐ社長の決断―転んでも起きあがれる業のツボ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年11月19日 10時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784864941662
  • NDC分類 335
  • Cコード C0034

内容説明

“撤退”を念頭に起業する!?小さな起業には大きなリスクが潜む!?大手・老舗の看板を利用する!?起業して7勝13敗。成功と失敗の分かれ道は何だったのか?起業の常識をくつがえすヒントが満載!現在、事業全体で黒字経営を続ける著者が、実際の体験をもとに伝える成功の極意。

目次

1 お花畑に花は咲かない
2 「SWOT分析」で事業戦略を考える
3 自分なりの「撤退の条件」を決める
4 お客様の真のニーズをビジネスに変える方法
5 小さな会社に潜む大きなリスクは「虎の威を借りて」回避
6 適正利益か?一発屋をねらうか?
7 社長の“正しい見栄の張り方”
8 賢い社長は「性善説」より「性悪説」をとる

著者等紹介

谷崎憲一[タニザキケンイチ]
株式会社パワーコンサルティングネットワークス、株式会社アメニティ・プラス、株式会社スペースビルダー、株式会社パワーディベロップメント、株式会社キャレモジ、表参道ビストロ・ル・マン、渋谷ル・ブション・オガサワラ、青山ブシュリー・アミアブラ、株式会社旅荘三桝家、株式会社ライフアシスト、カスタージャパン株式会社。高校卒業後、イタリアンレストラン調理師を経て、大学へ進路変更して卒業後、不動産業界、ゼネコン、コンサルティング会社での会社員生活を経て起業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。