フェイドアウト―日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一

個数:

フェイドアウト―日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月08日 16時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 285p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784864882361
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

活動写真の先駆者たち。明治29年(1896)、大阪。本邦初の映画が、難波で上映された。ヴァイタスコープ、シネマトグラフ…映写機初輪入秘話。

著者等紹介

東龍造[ヒガシリュウゾウ]
1954年、大阪市生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。日本ペンクラブ会員。関西大学社会学部非常勤講師。本名(武部好伸)で、エッセイストとして映画、ケルト文化、洋酒、大阪をテーマに執筆活動に励んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yuko

4
大阪で日本初の映画を上映した荒木和一の史実を元に作られたフィクション。多数の映画評論を手掛け、映画愛に溢れる著者だからこそ書けた作品だと思う。ただ、私には会話文がどうも不自然な大阪弁と京都弁に思えて、その違和感がずっと気になって仕方なかった。また、アメリカで動く写真に魅せられ、日本に是が非でも持ち込むと言う情熱の反面、あまりにも塲渡り的で無計画なやり方、家業を脇に置いて何がやりたいのかイマイチ伝わらず、少し底が浅い感じが否めず、和一と言う人の熱さが今一つ感じられなかった気する。2022/03/28

大塚泰基

0
映画好きなので内容はすごい面白かったのですが… コテコテの大阪弁が苦手だと教えてもらえました。笑

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18918672

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。