三博四食五眠

個数:
  • ポイントキャンペーン

三博四食五眠

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年12月12日 17時29分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 204p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784864881265
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

睡眠発作症に悩まされながら“呑む打つ喰う”の日々。二つの顔を持つ作家が遺した抱腹絶倒の傑作エッセイ、暴飲暴食の記、初刊行!

目次

1(思い出の喰べ物ワースト3;ぐうたらべえ食道楽;駄喰い三昧;ツルツルとズルズル;はかなく溶ける芸術品;百キロへのバカ喰い記;グータラ、寒ダラを喰う;日本海に陽が落ちて;やきとり二十年;豆入り泰平記;なつかしきバイ菌たち;駅前油地獄)
2(医者は競馬の予想屋の如し;病後なので;ぽっくり逝きたい;どうでもよい;宮崎のきすごと豆腐;悲運の定休日;大名料理と雪の花)

著者紹介

阿佐田哲也[アサダテツヤ]
本名・色川武大。1929年3月28日、東京市牛込区(現・東京都新宿区)矢来町に生まれる。第三東京市立中学校無期停学ののち、敗戦後は焼跡を徘徊、博打で糊口をしのぐ。雑誌編集者を経て、55年より井上志摩夫などのペンネームで娯楽小説を乱作。61年、本名で執筆した「黒い布」で中央公論新人賞受賞。68年から阿佐田名義で麻雀小説を書きはじめ、『麻雀放浪記』で一世を風靡する。77年には本名での初の著書『怪しい来客簿』で泉鏡花文学賞。78年「離婚」で直木賞。82年「百」で川端康成文学賞。89年『狂人日記』で読売文学賞。同年4月10日に逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)