川崎あるある

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

川崎あるある

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B40判/ページ数 159p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784864725309
  • NDC分類 291.37
  • Cコード C0076

内容説明

世界一短いエスカレーターや、餃子の王将で売上日本一の店舗、藤子不二雄コンビが住んでいたなど、グルメからカルチャー、市民性まで川崎市民共感のあるあるが満載!!政令指定都市の中で一番小さいのに、人口が横浜に次いで二番目に多い川崎市。東京のベッドタウンで終わらない、川崎の魅力がぎっしり詰まっています。

目次

第1章 川崎タウン・スポットあるある
第2章 川崎グルメあるある
第3章 川崎スポーツ・著名人あるある
第4章 川崎市民性あるある
第5章 川崎カルチャーあるある

著者等紹介

水野嘉男[ミズノヨシオ]
1983年神奈川県生まれ。某大学博士課程卒業後、川崎市内の企業の研究所に就職し、特殊ガスの開発などを担当する。『川崎あるある』がライターとしてのデビュー作

i‐BUG[IBUG]
大学卒業後、編集の仕事に携わった後、漫画家・イラストレーターとして独立。一般書籍、企業の冊子等の媒体で活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

川崎市民必携!地元ネタ盛りだくさん川崎市だけのあるある本の登場です!東京のベッドタウンで終わらない、川崎の魅力を大放出!