TO文庫<br> あやかし恋古書店―僕はきみに何度でもめぐり逢う

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

TO文庫
あやかし恋古書店―僕はきみに何度でもめぐり逢う

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月05日 00時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 284p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784864724975
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

心を揺さぶる恋愛小説。ラスト、10ページで明かされる真実に涙腺が崩壊!!

内容説明

恋破れ、故郷の新潟に帰った紗月。元書店員の彼女は小さな古書店で働き始める。ところが、そこは妖怪が集う「あやかし古書店」だった!?無愛想でドSな店主・影野と共に絵本や小説で妖怪たちの悩みを解決するうちに、紗月は影野の優しさに惹かれていく。ある日、彼の書斎から、紗月の名前が記された古い絵本が出てきて…?二人の過去に秘められた運命とは?一途な想いに涙がこぼれる、甘くて不思議な恋愛小説。

著者等紹介

蒼井紬希[アオイツムギ]
作家、小説家、シナリオライター。2011年に別名義でデビュー。著書および担当シナリオは多数。蒼井紬希名義の本は「あやかし恋古書店―僕はきみに何度でもめぐり逢う」が初となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さおり

73
献本でいただきました!のですけど、これは私向きではなかったです。どんな方に向いているかというと・・・とりあえず若いことが大前提か。あとは、ファンタジーが好きな方。そして、二の腕を掴まれて引き寄せられるのが好きな方(何度も出てくる)。私はこれより、あのエロかったのんの方がよっぽど泣けたよ、不本意ながら。作中にいろんな本(ほとんどが絵本)が出てくるところは、ちょっと楽しめました。こんな感想書いといてなんですが、またぜひとも献本に当たりたい!2016/08/19

寂しがり屋の狼さん

72
心に傷を負い故郷に帰ってきた紗月。元書店員の彼女が働き始めたのは、あやかしの集う古書店📚️彼らと触れあう中、失った十年前の記憶を取り戻す。それは、忘れてはいけない神社で交わした『約束』…出てくる『あやかし』は優しくて可愛い💓もふもふの尻尾を触りたい(*≧∀≦*)2019/12/31

はつばあば

49
古希コキを目前にして言う言葉じゃないが・・このように想ってくれるあやかしがいたならもう一度人生をやり直してみたいと思う。人よりあやかしの一途さ・・純な少女との思い出があやかしを捉えて離しません。夢多い作家さんを羨ましくなります。続きをもう一巻2019/02/17

よっち

42
恋破れ故郷の新潟に帰った紗月。元書店員の彼女が無愛想な店主・影野小さな古書店に出会い、そこで働き始めた彼女があやかし絡みの悩みを本で解決する物語。事故により失われてしまっている紗月の以前の記憶。不器用な影野の優しさに惹かれてゆく紗月の揺れる想いと、店を訪れる悩めるあやかしたちのことが気になって仕方がない若干おせっかい気味な彼女が、その悩みを一緒に解決する展開。それはなかなか思い出せなかった過去の約束に繋がっていって切ない気持ちにもなりましたが、新たな可能性を感じさせてくれたその結末は悪くない読後感でした。2017/01/17

やこ´•ᴥ•`

42
献本当選。感想遅くなってすみません(_ _)。なんと言うか、ドSイケメンとのキュンものですが、読んでる間、小っ恥ずかしくて仕方なかったです^^;もう素直にこういうストーリーにはキュンも感動もできないんだなぁと。有川浩さんのキュンものには、キュンキュンするんだけどな~^^;頂いたものなのであんまり言えないけれど(笑)自分では決して選ばないタイプの本でした。中学生とかが読むとハマるのかな?まぁなんにせよ、クジ運の無い私には当選とても嬉しかったです♡ありがとうございました☺2017/01/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11026540

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。