ドイツ第四帝国の支配と崩壊 亡国の新帝国主義(グローバリズム)―日本人に緊急警告!

個数:

ドイツ第四帝国の支配と崩壊 亡国の新帝国主義(グローバリズム)―日本人に緊急警告!

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 243p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784864713177
  • NDC分類 302.34
  • Cコード C0033

内容説明

ドイツの、ドイツによる、ドイツのためのユーロの実態を鋭く分析。なぜドイツのみが財政黒字を達成し、ギリシャは永遠に財政破綻するのか!?迫り来る大量難民の行方は?ドイツの描いた多文化共生社会は、難民問題で崩れ落ちる。

目次

第1部 羊の皮を被ったオオカミ?今世界に再びその姿を露わにする「帝国主義」とは何なのか?(帝国主義とグローバリズムの本質は同じである!;かつてのホブソンの『帝国主義論』とピケティの『21世紀の資本』が提案する打開策は同じである;資本の輸出とは「利益」の国外移動のことである;プランテーション/国民農業と商業農業は全く別物である;帝国主義の「所得吸収」は軍事のみならず「条約・協定」においてなされる;日本の帝国主義は欧米とは全く性質が異なるものであった)
第2部 ドイツ第四帝国=ユー・グローバリズムの誕生(新帝国主義が住民の主権と所得を容赦なく奪う方法は「国際条約と協定」である;ドイツ第三帝国(ナチス)誕生の様相と現代日本の現象は酷似する
ドイツの「戦後」は「謝罪なし賠償なし」日本と全く違うのは何故か
ドイツ第四帝国はいかにしてユーロ・グローバリズムを拡大していったか
まさにドイツのためのEU・ユーロと化す
宗主国ドイツが自国のみを財政黒字に転化させたその仕組み)
第3部 黄昏れるドイツ第四帝国に難民問題は壊滅的打撃を与えるだろう(ドイツ第四帝国の経常収支を見れば、まさに植民地からの所得吸収の仕組みそのものとわかる;ギリシャはなぜ、破綻したのか?その原因は安倍政権が推進する緊縮財政そのものである;ユーロ圏は「地方交付税」がなくなった「巨大な日本」(都道府県制)そのものである
地中海難民問題はまちがいなくドイツ第四帝国と化したヨーロッパを崩壊に追い込む)

著者等紹介

三橋貴明[ミツハシタカアキ]
経世論研究所所長。1969年生まれ。東京都立大学(現・首都大学東京)経済学部卒業。データに基づいた経済理論が高い評価を得ており、デフレ脱却のための公共投資推進、反増税、反TPPのリーダー的論客として注目されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。