超☆わくわく<br> ニコラ・テスラが本当に伝えたかった宇宙の超しくみ〈下〉地震予測とUFO飛行原理のファイナルアンサー

個数:

超☆わくわく
ニコラ・テスラが本当に伝えたかった宇宙の超しくみ〈下〉地震予測とUFO飛行原理のファイナルアンサー

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月23日 13時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 274p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784864711678
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0040

内容説明

3・11は人工地震だと科学的に断言する!未来のヒントは、すべてUFOが教えてくれた!HAARP観測だけでなく、地震予測はもっと簡単にできる。円盤飛行原理は反重力を利用している。これが、未来をひらく最先端サイエンスだ!

目次

第4部 地震・HAARP・UFO(私が3.11東日本大震災を前日に予測できたわけ;3.11が人工地震と断定できるこれだけの理由;地震予測はもっと簡単にできるはず;UFO飛行原理はエーテルのエントロピー操作にあった!)
第5部 未来を開く超発想(言葉を弄ぶだけで、実験できない現代物理学のおかしさ;物理学の本当の楽しさを誰も知らない;過去・現在・未来をつなぐ物理学の提案;「歴史に学ぶ」と新しい発想は永遠に生まれてこない!;世紀の大発見をしても、金儲けにつながらなければノーベル賞はもらえない!?)

著者等紹介

井口和基[イグチカズモト]
Ph.D.1957年10月13日山梨県甲府市に生まれる。1980年3月東京理科大学理工学部、物理学科卒業。理学士。1982年3月大阪大学基礎工学研究科、数理系修士課程卒業。工学修士。1985年5月同大学物性物理工学系博士課程修了退学。1985年6月~12月住友セメント(株)中央研究所研究員。1986年9月米国ユタ大学、物理学部Ph.D.コース入学。1989年5月同大学物理学部の“Outstanding Graduate Student Award”受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。