マンガ黄色い零戦―知られざる“ゼロ戦”開発物語

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

マンガ黄色い零戦―知られざる“ゼロ戦”開発物語

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 258p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784864108539
  • NDC分類 538.7
  • Cコード C0030

内容説明

名機・零式艦上戦闘機、通称「ゼロ戦」の誕生に携わった堀越二郎の栄光と苦悩の物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yasuhisa Ogura

0
堀越二郎を主人公にゼロ戦の開発史をマンガで描いた作品。初版は1988年で、本書は新装版。新たに現役の航空自衛官による解説も加えられている(特攻が志願であったかどうかについてのコメントは興味深い)。宮崎監督「風立ちぬ」の25年も前に堀越を主人公とする作品が書かれていたのは驚き。堀越の苦悩と晴れ晴れとした気持ちで特攻へ行く若者の対比は印象的。個人的には、堀越に93式練習機「赤とんぼ」の旋回性能が優れているが故に、パイロットが格闘戦にこだわっていたと語らせている点は非常に興味深かった。2021/09/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18382566

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。