目に見えぬ侵略―中国のオーストラリア支配計画

個数:
電子版価格 ¥2,090
  • 電書あり

目に見えぬ侵略―中国のオーストラリア支配計画

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月26日 10時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 426p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784864107471
  • NDC分類 319.220
  • Cコード C0095

出版社内容情報

オーストラリアの現在を描いた1冊

内容説明

コロナ後の世界制覇、その手口が分かる禁断の書。中国共産党の組織的な内政干渉工作と、海外プロパガンダ活動を実名告発

目次

第一章 オーストラリアを紅く染める
第二章 中国は世界における自国の立場をどう見ているのか
第三章 僑務と華僑
第四章 黒いカネ
第五章 「北京ボブ」
第六章 貿易、投資、統制
第七章 誘惑と強要
第八章 新旧のスパイ
第九章 「悪意あるインサイダー」と科学機関
第十章 オーストラリアの大学で「魂に工作する」
第十一章 文化戦争
第十二章 中国の友人:親中派
第十三章 自由の価格

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

榊原 香織

83
続編が最近話題になってるので、昨年出たこれをまず読んでみた。 オーストラリアが知らないうちに中国共産党に浸食されている、という告発書。 ファーウェイや孔子学院はアメリカでも問題になったし。 衝撃的だけど、話半分で聞いておきたい気もする2021/04/21

TakaUP48

51
2段組で行もびっしりの中味の濃い本。読めば読むほど、狡猾な中国の世界征服作戦が伝わってくる。世界ナンバーワン大国を目指す「中国の夢」を掲げる習近平の野望。アメリカとの同盟関係にある日豪の切り離し作戦。豪は今や、貿易と投資、留学と通信でズブリと刺さっている。ファーウエイやハイクビジョンのIPカメラの拡大で、情報は北京へ。政界・マスコミを操る巧妙な浸透工作で、豪の対中世論をコントロール。電力もほぼ掌握してコントロール可能に。同じ手法で、日本も狙われる?政治家を中国へ無料ご招待!何処かで聞いたことがある…。2020/11/24

姉勤

32
「人道上の配慮」を名目、もしくは責務とした、天安門事件を逃れた漢人の保護のをきっかけとした永住権の付与によって、オーストラリアの政界,財界,メディアが中国共産党の干渉下に置かれ、法や権利を明け渡していった事例の数々。パンダハガー(中共に抱きつく者)と呼ばれる利によって動く者、洗脳にも見た確信的に動く者、様々なトラップによって活動せざるを得ない者等の「実名」と「具体例」をその厚いページで挙げる。対岸の火事、もしくはヘイト本と捉えるのは各人の自由。言論の自由、思想信条の自由は「まだ」建前上は保証されている。2020/11/26

おおにし

20
原著は2018年。その後オーストラリア政府が中国に対して反旗を翻したことで外交関係は悪化し、現在中国の経済制裁にオーストラリアは苦しめられている。本書に登場する孔子学院については欧州でも社会問題となっている。中国の目に見えぬ侵略は全世界に及んでいるのだ。2020/11/07

Rebel 001

14
8/13にポンペオ国務長官が孔子学院を「米国の大学や学校などで、中国政府のプロパガンダと有害な影響を拡散する機関」との認識を表明。外交使節としての登録を義務付けた。本書第10章でも触れられており、解説で山崎氏が触れられている通り、この本がアメリカにも大きな影響を与えたのだと実感しました。この先、経済的にも安全保障に於いてもデカップリングが進行し、どちらの側につくのか態度を明確にしていかなければならない。日本が間違った選択をしないよう祈るばかりです。2020/08/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15361789

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。