戎光祥中世史論集<br> 戦国時代の大名と国衆―支配・従属・自立のメカニズム

個数:

戎光祥中世史論集
戦国時代の大名と国衆―支配・従属・自立のメカニズム

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年06月29日 21時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 306p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784864033084
  • NDC分類 210.47
  • Cコード C3021

内容説明

全国規模で解き明かされる乱世を生きた地域権力の実態!!新進気鋭の研究者たちが「国衆」をキーワードに、戦国史研究の新たな道を切り開く。

目次

第1部 地域権力論・国衆論の軌跡をたどる(室町期の守護・国人から戦国期の領域権力へ;戦国期地域権力論の成果と課題)
第2部 全国各地の地域権力の動向(田村氏の存在形態と南奥の国衆;戦国期の東関東―真壁氏と佐竹氏の関係を中心に;信濃高梨氏の「国衆」化;国衆の本領・家中と戦国大名―今川領国を事例に;上杉氏における国衆の譜代化―北条・毛利安田氏を素材に;畿内近国における国衆の特質;中国地域の戦国領主について;土佐国の地域権力―長宗我部・土佐一条家を中心に;戦国期南九州の有力領主)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

四不人

0
総論の部分(第一部、総括)と関心のある畿内の国人の部分(新谷氏の論文)以外は眺めただけなので、読んだとは言えないが・・う〜ん、難しい。論争があったことやその内容はわからなくもないが、どうしてみんな類型化したがるのだろう。そして新しい類型が「進歩している」と言わんばかりなのか、よく判らん。集権的で排他的な権力が成立する方が、効率が高くて「良い」といいたいのか? そんな単純なもんじゃないだろお、と大きな声で言いたくなる。生物のevolutionが「進化」じゃないように歴史だってそうだと思うんだが。2020/07/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13270453

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。