図説日本の城郭シリーズ<br> 戦国の北陸動乱と城郭

個数:

図説日本の城郭シリーズ
戦国の北陸動乱と城郭

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年08月03日 11時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 282p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784864032551
  • NDC分類 214.2
  • Cコード C0021

内容説明

上杉謙信・景勝vs北陸織田軍vs一向一揆。三つ巴の覇権戦争の全貌と、それに伴って深化する城郭構造。そして前田利家の捕虜処刑や織田軍の大砲使用から変わる縄張り技法等、文献史料も多用して挑む新たなる北陸戦国史!

目次

1 越中の城郭(宮崎城―下新川郡朝日町;天神山城―魚津市;升方城―魚津市 ほか)
2 能登の城郭(飯田城―珠洲市;棚木城―鳳珠郡能登町;甲山城―鳳珠郡穴水町 ほか)
3 加賀の城郭(鳥越弘願寺―河北郡津幡町;切山城―金沢市;加賀荒山城―金沢市)

著者等紹介

佐伯哲也[サエキテツヤ]
1963年(昭和38)、富山県富山市に生まれる。1996~2003年(平成8~15)、富山県・石川県・岐阜県の中世城館跡調査の調査員として各県の城館を調査する。登山も30年以上のキャリアがあり、山岳信仰研究の論文も多数発表している。現在、北陸城郭研究会会長、富山の中世を語る会代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。