英語でガイド!外国人がいちばん不思議に思う日本のくらし

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

英語でガイド!外国人がいちばん不思議に思う日本のくらし

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月03日 08時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 256p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784863924604
  • NDC分類 837.8
  • Cコード C0082

出版社内容情報

外国人に日本を紹介する「英語でガイド」シリーズの最新刊。有名な観光名所や本格的な和食は、確かに訪日観光客に人気があります。ですが、そういった有名なトピックは、旅行者自身が事前に下調べをしてくることも多いです。それよりもむしろ外国人観光客の多くは、なんでもない普通の日本人の暮らしや生活を知り、体験したいと思っているのです。そこで、私たち日本人には当たり前ながら外国人にとっては珍しく、そして、改めて聞かれると意外と(日本語でも)言えない日本のくらしと文化101テーマを、シンプルな英語できちんと説明できるようになるのがこの1冊。ガイドの現場ですぐに使えるだけでなく、雑談が楽しくなる&仲良くなれる!



【音声内容】

●ダウンロード音声の内容

 Chapter1~4 ⇒すべてのテーマのQuestionとAnswer(英語のみ)

内容説明

胞日観光客がほんとうに知りたがっている日本のカルチャーとくらしが英語で語れる!超人気著者のデイビッド・セインが「外国人目線」でテーマを厳選!訪日客からの質問を想定し、中学レベルのシンプルな英語で答えていく形なので実践的!ネイティブスピーカーによる音声付で、耳と口のトレーニングもバッチリ!

目次

1 外国人がいちばん不思議に思う日本の文化(駄菓子屋;プリントシール機 ほか)
2 外国人がいちばん不思議に思う日本のくらし・習慣(ハンコ、印鑑;扇子 ほか)
3 外国人がいちばん不思議に思う日本の食文化(そば;ラーメン ほか)
4 外国人がいちばん不思議に思う日本の娯楽・建造物・宿泊(競艇;競輪 ほか)

著者等紹介

セイン,デイビッド[セイン,デイビッド] [Thayne,David A.]
米国生まれ。証券会社勤務後に来日。日本での35年にわたる英語指導の実績をいかし、英語学習書、教材、Webコンテンツの制作を手掛ける。累計400万部を超える著書を刊行、多くがベストセラーとなっている。NHKレギュラー出演の他、日経・朝日・毎日新聞等に連載。企業・学校等でビジネス英語、TOEIC、日本文化を英語で紹介する講演会やセミナーも開催。AtoZ English主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

2
へぇーってなる話もあった。夜に爪を切るのは「世詰め」で親の死に目に会えなくなる(自分が先に死ぬ)から縁起が悪い。5円玉に穴が空いているのは材料節約のため。(偽造防止も)5円玉には漢字だけで数字がないので外国人には分かりにくい。生卵は衛生的に海外じゃそんなに食べないらしい2022/11/24

Bookcover

0
さらっと読めそう~と思ってたのに、英語→日本語→英語音声、の順で読んでいたらかなり時間がかかってしまった。日本人には「当たり前」だけど、外から見ると“不思議”なんだねーと改めて知る内容多し。そっか「電線の多さ」は、外国人の目には奇妙に映るのか。。2021/04/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14642487
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。