静山社文庫
もののけ侍伝々 京嵐寺平太郎

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 236p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784863891272
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

京嵐寺平太郎は、江戸時代中期の備後三次に生まれた。この里には、古くから棲む妖怪たちがいて、老婆の顔や女の生首に化けて人を嚇かしたり、茶碗や書物、畳などを宙に飛ばして部屋中を引っ掻き回すなど、人びとを困らせ震え上がらせていた。その三次の里を騒がす妖怪大将、実は京嵐寺家に百年以上住まう「同居人」で、平太郎が生まれた時から寝起きを共にした幼馴染。京嵐寺家の秘密を知らぬ人々は、妖怪を見ても平然としている平太郎の勇ましい様子に驚いた。その噂を聞いた将軍徳川家重は、平太郎に江戸の怪事件を解決するよう命じたのだった! 痛快もののけ時代小説シリーズ第一弾!

なおこの物語は、備後三次(広島県三次市)に伝わる妖怪伝説『稲生物怪録』をヒントに生まれたものである。

内容説明

一七五二年、江戸の町では旗本や大名家の姫が攫われる怪事件が相次いだ。広島藩の江戸下屋敷でのんきに暮らしていた京嵐寺平太郎は、突然、幕府の命を受けて怪事件解決に乗り出す羽目に。しかしその裏には徳川幕府に怨念を抱く僧侶の影が…。故郷の備後三次から連れて来た大飯喰らいの三つ目入道や色仕掛けで男を罠にかける白狐のおきん、天下無敵の“妖刀茶丸”など、仲間の妖怪たちと力を合わせ、江戸に起きる怪事件に立ち向かう本格派もののけ時代小説!シリーズ第一弾。

著者等紹介

佐々木裕一[ササキユウイチ]
1967年、広島県に生まれる。2003年『ネオ・ワールドウォー』(経済界)でデビュー。『未来戦艦大和出撃』(コスミック出版)など、架空戦記を中心とした作品を執筆。かねてより痛快時代劇の大ファンで、数多くの時代小説や歴史書を紐解くうちに構想が膨らみ、2010年より時代小説を手掛ける。今、最も注目されている期待の時代小説作家である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

27
感想を読んで気になった作品、アンソロジーでしか読んだことない作家さん。面白かったぁ♪ゆるい空気が心地よかったです(^o^)平太郎さんもお仲間の方々も楽しめます。読み進めます。2016/09/24

ううち

26
表紙のイラストがかわいくて購入。さらっと読みやすい妖怪退治の時代もの。一口食べるとお腹いっぱいになる握り飯や不思議なお酒、気まぐれな妖刀茶丸などのアイテムが魅力的。一緒に住む妖怪たちも可愛らしくて、シリーズものみたいなので追いたいと思います。静山社文庫の方が表紙絵が好みなのに…こちらからはもう出ないのかな。2016/04/06

ゆう

25
初読みの作家さん、読みやすくて面白かった。のんびり平太郎とその幼なじみ?の妖怪たちが江戸で起こる怪事件を解決するもののけ時代小説。平太郎だけじゃなくて、三つ目入道に白狐に妖刀…うん、キャラがいいなぁ。あと一口でおなかいっぱいになっちゃうおにぎりって…ダイエットにいいなぁ~なんて思ったりして。平太郎と吉乃もこれから進展していくのかしら。続編も読もう。2014/05/21

雨巫女。

18
《母‐図書館》もののけたちが、実にイキイキして、面白い。なんか、次々波乱な展開迎えそう。(笑)2012/05/31

ひっと

17
佐々木裕一さんの本は,単純明快で,小難しいところはなくて,すっきりしていて,面白いです。妖怪ものを題材にしてもスタイルは変わっていないので続編も安心して読めそうです。問題はサラサラと面白く読めちゃうのでコストパフォーマンスが悪いところか・・・。2014/03/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3387287

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。