静山社文庫<br> 夜診

電子版価格 ¥745
  • 電書あり

静山社文庫
夜診

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 377p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784863890602
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

患者本位の医療で地域最大の個人総合病院を築いた滑川俊之のもとに、医学部をやっとのことで卒業した息子・昌俊が大学病院から舞い戻る。医師としての無能ぶりと性的欲望だけを露わにする昌俊。ある日、市の南部を流れる川に女性の全裸死体が浮かび、死体からは情交の痕跡と薬剤反応が明らかになった。漂流死体の真相を探る警察、失踪した美人看護師の行方を追う青年。両者がたどり着いた先は。医療現場の暗部をえぐる書き下ろし医療サスペンス。

著者等紹介

霧村悠康[キリムラユウコウ]
1953年、奈良県に生まれる。大阪大学医学部を卒業。大阪大学微生物病研究所附属病院、大阪大学医学部附属病院で腫瘍外科の臨床医として活躍しながら、腫瘍免疫学および生命科学に関する基礎研究論文を数多く発表。宇宙、生命、進化、再生医療など、思考が止まらない。現在、大手製薬会社メディカルアドヴァイザー兼勤務医(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

若手看護師の失踪。全裸の漂流死体からは新種の覚醒剤反応が……死体は彼女なのか? 大規模個人病院の巣食う闇に迫る医療ミステリー。