文学ムック<br> 文学ムック ことばと〈vol.1〉

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

文学ムック
文学ムック ことばと〈vol.1〉

  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 書肆侃侃房(2020/04発売)
  • ポイント 15pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月02日 18時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 240p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784863853966
  • NDC分類 905
  • Cコード C0495

出版社内容情報

【巻頭表現】

福田尚代

【座談会】

柴田聡子×又吉直樹×佐々木敦

【創作】

阿部和重

小笠原鳥類

片島麦子

小林エリカ

佐川恭一

千葉雅也

保坂和志

マーサ・ナカムラ

山本浩貴(いぬのせなか座)

【翻訳】

ウティット・へーマムーン

福冨渉訳

【本がなければ生きていけない】

伊藤亜紗

堤雄一(古書 防破堤)

目次

巻頭表現 文房具たち(福田尚代)
座談会 「言葉と何か」についての120分(柴田聡子×又吉直樹×佐々木敦)
創作(マジックミラー(千葉雅也)
帝都の墓/阿弥家の墓参り(マーサ・ナカムラ)
Hunters And Collectors(阿部和重)
エルガーを聞きながら書いた小説(小笠原鳥類)
緋色の習作―A Study in Scarlet(小林エリカ)
舞踏会(佐川恭一)
胸さわぎ(保坂和志)
レースの村(片島麦子)
pot hole(楽器のような音)(山本浩貴))
翻訳 心焦がすサイゴン(ウティット・ヘーマムーン)
本がなければ生きていけない(二つの本棚(堤雄一)
とともに考える(伊藤亜紗))

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぽち

11
「たべるのがおそい」の書肆侃侃房から、敬愛する佐々木敦さんが編集者を務める新しい文芸誌が。アブストラクトな書面を予想していたのだけれど、文芸誌プロパーな二段組レイアウトで、いろいろと思惑を想像する。保坂和志、阿部和重、千葉雅也もラインナップに並ぶのだけど、小説外からの参戦組に刮目。詩人小笠原鳥類さんの「エルガーを聞きながら書いた小説」は、これまでに読んだことのない文章表現。まだ20代の山本浩貴さんの戯曲風散文は磯崎憲一郎保坂和志ライン(逆ではない)の影響が濃厚ながら、その先の可能性を見せてくれます。2020/07/17

ありんこ

7
千葉さんは既読で、又吉さんの対談とマーサ・ナカムラさんの帝都の墓を読みました。どちらも面白かったです。マーサ・ナカムラさんは詩人の方ということなので、詩も読んでみたいです。小説は短いのに印象深く不思議な世界で、とても好みです。将来、芥川賞とか受賞しそうな気がします。2023/06/06

nami miyazaki

3
千葉雅也著 マジックミラーと片島麦子著 レースの村 を読みました。前者の方は、凄まじい内容だと思いました。後者の方は、最後の種明かしに『えーっ!』と驚きました。面白かったです。2021/11/18

メルキド出版

3
阿部和重「Hunters&Collectors」2021/04/05

織沢

1
千葉雅也「マジックミラー」を読んだ。2021/04/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15555902
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。