蘇生不要指示のゆくえ―医療者のためのDNARの倫理

個数:

蘇生不要指示のゆくえ―医療者のためのDNARの倫理

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 127p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784863510524
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C3047

内容説明

臨床の現場では、DNAR指示があれば、心肺蘇生を行わない。DNAR指示が患者の真意なのか、家族の指示ではないのかという疑問がありながら…。他方、医療者は人工呼吸器の着脱については倫理問題として認識し、慎重な対応をする。DNARとの落差はなぜなのか。このような疑問を踏まえて、DNARの倫理問題に、正面から初めて積極的にチャレンジした。

目次

第1章 DNAR指示(なぜDNAR指示について考えなければならないのか;DNARとDNRの違い;DNARの歴史 ほか)
第2章 終末期の延命治療の差し控え・中止(終末期延命治療に関する最近の出来事;適切な“看取り”(延命治療の差し控え・中止)をするために考慮すべき要素
海外の終末期延命治療に関する法的判断 ほか)
第3章 事前指示(患者の自律(自己決定権)と事前指示
事前指示が有用である理由
事前指示作成に際して留意すること ほか)

著者等紹介

箕岡真子[ミノオカマサコ]
東京大学大学院医学研究科医療倫理学分野客員研究員、箕岡医院内科医師。主な研究領域はバイオエシックス、終末期医療の倫理、高齢者の介護倫理、認知症ケアの倫理(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。