「私の四つのお願い」の書き方―医療のための事前指示書

個数:

「私の四つのお願い」の書き方―医療のための事前指示書

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 2冊/高さ 31cm
  • 商品コード 9784863510357
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C0036

内容説明

「突然の病気」「予期していなかった認知症」などもし、自分の意思とは違う生活を強いられることになったとしたら、今後の人生を自分で決めるために、自分の最期の生き方を…一度考えてみませんか。『私の四つのお願い』の冊子は、“あなたが重い病気にかかり、自分の意思を伝えることができなくなったときに、助かる見込みがない終末期であると判断されたのであれば、自分の医療ケアをどうしてほしいのか”ということを、ご家族をはじめ、あなたの親しい人々、医療担当者に伝えることをお手伝いします。

目次

1 なぜ医療のための事前指示書が必要なのか(認知症の人は増えています;認知症が進行すると、自分で、自分のことを決めることができにくくなってきます;自分で、自分のことを決められるうちに、将来の、自分の治療方針について決めておくことが大切です;『私の四つのお願い』は“生きること”を大切にしたいと願っています)
2 事前指示書『私の四つのお願い』とは?(私のお願い1の書き方;私のお願い2の書き方;私のお願い3の書き方;私のお願い4の書き方;よい事前指示書を書くために)
3 終末期に何を決断するのか(認知症終末期の緩和ケア;終末期の医療について決断する;決断したことを実行することの難しさ)