ヴィレッジブックス
切除されて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 267p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784863320895
  • NDC分類 956
  • Cコード C0197

内容説明

1959年セネガルに生まれた私は、7歳のときに性器切除を受けた。13歳で見知らぬ男と強制結婚させられ、15歳のとき、その夫に連れられフランスへ。異国での愛のない結婚生活、家庭内強姦、性交と出産時の想像を絶する苦痛。切除は、私を心身共にぼろぼろにし、人生を奪った…。幾多の困難を乗り越えて立ち上がったキャディが今、すべての女性、すべての人にこの現実を知ってもらうため、自らの半生を赤裸々に語る―だれも、女性の生きる自由と悦びを奪うことなどできない!現代人必読のノンフィクション。

目次

第1章 恐ろしいカミソリ
第2章 いくつかの死と不吉な予感
第3章 十三歳での結婚
第4章 見知らぬ男
第5章 パリでの生活
第6章 夫の罠
第7章 一夫多妻
第8章 離婚申請
第9章 夫からの逃亡
第10章 歩きつづける私

著者等紹介

キャディ[キャディ][Khady]
1959年セネガルに生まれる。7歳のときに性器切除を受け、13歳で結婚、15歳でフランスに渡る。現在4人の子供たちとともにベルギーに暮らす。女性と子供の権利を守るために設立された団体「La Palabre(ラ・パラーブル)」のヨーロッパ代表を務め、女性器切除や強制結婚などの悪習を廃絶すべく、精力的に活動している

松本百合子[マツモトユリコ]
上智大学仏文科卒。翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。