日本近代図書館学叢書<br> 図書の選択―理論と実際

個数:

日本近代図書館学叢書
図書の選択―理論と実際

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年10月22日 16時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ キク判/ページ数 239p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784863301795
  • NDC分類 014.1
  • Cコード C0300

内容説明

これが図書の選択という“art”(技術)だ…!!司書の大きな役目は、図書館が購入する図書の選択。しかし、様々な利用者のニーズを満たすことの困難さに向き合いながら、限られた予算の中で、具体的にどのようにすればいいのか?選書という一種の「検閲」と、「図書館の自由」の兼ね合いとは。図書館が図書館であるために、また司書が司書として奉仕するために、何をすればいいのか。図書館学の大家・竹林熊彦に学ぶ「選書」の理論と実践!

目次

序説 図書選択の予備的条件
1 図書選択の基本的要件
2 図書選択の要素
3 図書選択の組織
4 図書選択の中心問題
5 図書館の種類と図書の選択
6 図書の評価による図書の選択
7 伝記書を選択するときの知識
8 図書の淘汰と蔵書の更改
9 図書選択者の資格・能力・特性

著者等紹介

竹林熊彦[タケバヤシクマヒコ]
(1888~1960)図書館司書、西洋史学者、図書館学者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。