天下なんぞ狂える―夏目漱石の『こころ』をめぐって〈上〉

個数:

天下なんぞ狂える―夏目漱石の『こころ』をめぐって〈上〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年07月29日 02時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 244p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784863301702
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

日本という国が世界史に無理往生に急遽接ぎ木された明治という時代に生きた夏目漱石。彼がその時代の中で追い求めたものは何だったのか。『こころ』を軸に、激動の時代の中で漱石が見つめたものと、近代日本人に宿命の悲しみを明らかにする。上巻では、門下生・森田草平、正岡子規、池邊三山らとの交流をもとに、漱石の恋愛と野心を論じる。

目次

序章 小品「手紙」
第1章 『それから』をめぐって
第2章 漱石の友情(子規との友情;三山との友情)
第3章 『こころ』を読む

著者紹介

廣木寧[ヒロキヤスシ]
昭和29年(1954)福岡市生まれ。九州大学卒。平成12年に批評同人誌『正統と異端』を創刊し、主に近代の文学思想についての文章を発表する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)