西蔵伝印度仏教歴史

個数:
  • ポイントキャンペーン

西蔵伝印度仏教歴史

  • 河口 慧海【著】
  • 価格 ¥8,800(本体¥8,000)
  • 慧文社(2015/12発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 160pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年03月30日 20時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 285p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784863301566
  • NDC分類 180.8
  • Cコード C0315

目次

第1章 拝語より藍毘尼苑名義の起原に至る
第2章 釈迦牟尼仏本生略伝
第3章 仏誕生より防水工事まで
第4章 四門出遊より成道まで
第5章 初転法輪より霊鷲山説法に至る
第6章 戒律成立より大迦葉波に半座を頒つに至る
第7章 阿闍世王の父王逆殺より牛角山の讖言に至る
第8章 釈尊入滅の宣言より入滅に至る

著者等紹介

河口慧海[カワグチエカイ]
仏教学者、僧侶。大阪府堺市生まれ。哲学館(現・東洋大学)、黄檗山万福寺に学ぶ。仏教の原典を求め、単身チベット探検を敢行、明治34年(1901)日本人で初めてチベットの首府ラサに到達する。大正2年(1913)2度目のチベット入りを果たし、チベット大蔵経等を将来する。帰国後、大正大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。