南方熊楠 記憶の世界―記憶天才の素顔

個数:

南方熊楠 記憶の世界―記憶天才の素顔

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 356p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784863300620
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0023

内容説明

博物学者、生物学者、民俗学者として数々の優れた業績を残した南方熊楠(1867‐1941年)の生涯は、数々の「伝説」に彩られている。小学生の頃に『和漢三才図会』や『太平記』を丸暗記してノートに筆写した。そして、その驚異的な記憶力は晩年においても衰えることがなかった、などと言われている。しかし、これらは事実であろうか?本書は、南方熊楠の「記憶」の問題に光をあて、様々な「伝説」を排して熊楠の「記憶」の実態を明らかにしようと試みる。さすがの熊楠も40代なかば頃から記憶低下に悩み、それに懸命に対処しようとする姿も描かれている。さらに、彼の「記憶」と「学問」とがどのように関与していたのか、という問題の一端も解明しようとした野心的快著!

目次

第1章 南方熊楠の記憶伝説―三つの伝説の再検討
第2章 南方熊楠の記憶の実態
第3章 南方熊楠の記憶方法の概略―記銘・保持・想起
第4章 南方熊楠の記憶低下の自覚とその要因
第5章 南方熊楠の記憶低下とその対処法
第6章 南方熊楠の和文論文の役割―和文論文外部記憶装置説の試み
第7章 南方熊楠の記憶構造―和文論文の検討を通して
第8章 南方熊楠の学問分野の重心移動―民俗学から植物学へ
終章
附論 南方熊楠の周期的不快と「田辺抜書」

著者等紹介

雲藤等[ウンドウヒトシ]
1960年、北海道三笠市生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士前期課程(日本史学専攻)、放送大学大学院文化科学研究科修士課程(教育開発プログラム)、早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程(日本歴史論)修了。博士(学術)。専攻は、日本近代史・認知心理学。現在、早稲田大学日本地域文化研究所招聘研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。