渡辺京二・武田修志博幸往復書簡集―1998~2022

個数:

渡辺京二・武田修志博幸往復書簡集―1998~2022

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月19日 15時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 392p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863292796
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

1998年に名著『逝きし世の面影』を刊行した頃(68歳)から2022年12月25日に逝去される直前(92歳)までの書簡220通を収録。渡辺京二の素顔とその多様な作品世界の魅力が浮かび上がってくる!!四半世紀におよぶ心の交流の記録。

目次

1 一九九八年四月~二〇一〇年十二月
2 二〇一一年一月~二〇一八年二月
3 二〇一八年二月~二〇二二年十二月
最後の「旅の仲間」―あとがきにかえて

著者等紹介

渡辺京二[ワタナベキョウジ]
1930年、京都市生まれ。日本近代史家。2022年12月25日逝去。主な著書『北一輝』(毎日出版文化賞、朝日新聞社)、『逝きし世の面影』(和辻哲郎文化賞、平凡社)、『バテレンの世紀』(読売文学賞、新潮社)など

武田修志[タケダシュウシ]
1949年、熊本県生まれ。九州大学文学部独文科修士課程修了。1975年から2015年まで鳥取大学でドイツ語教師を務める。著書に『人生の価値を考える 極限状況における人間』(講談社現代新書・1998年、第七回山本七平賞推薦賞)など

武田博幸[タケダヒロユキ]
1952年、熊本県生まれ。九州大学文学部西洋哲学科博士課程中退。1981年から2017年まで河合塾国語科講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。